初心者用Illustratoの使い方講座

Illustratorのパスをアウトライン化する方法!

投稿日:

Illustratorのパス(線)をアウトライン化(輪郭を持ったオブジェクト)にする

ちばこ先生!

イラレのやり方おしえてーっ(※^◎^※)

いいよーっ\(^◇^)

Illustratorのパスをアウトライン化する方法をおしえちゃうねっ♪

あーっ!これおもしろーい(※^◎^※)

パス(線)がフチのある形になることを「パスのアウトライン化」って言うんですね!

YES!「パスのアウトライン化」のやり方はカンタンだよ!

パスを選択」してから

☑「オブジェクト/パス/パスアウトライン」でOKしましょう(※^◎^※)

これだけでパスが「アウトライン」になります。

「面倒な処理」がとても「カンタン」に処理できるようになることが多いんよ!

基本機能なのでどんどん使ってね♪

パスのアウトライン化

こりゃぁスゲー便利っすねーっ!!

☑「線幅を太く」したり「形状を変える」と「もっと便利」に使えるよ!

これも「パスのアウトライン化」を使うときのテクニックの一種だよ♪
例えば、パスの先端の形状を丸くしたら丸みを持った形にアウトライン化できるんよ。

☑ パスのコーナーも「線種」ウィンドウの「角の形状」で丸くできちゃう!

地味だけどスゴく大切なコツだから覚えてね♪

あーん♪これなら耳子にもカンターン(※^◎^※)

知ってると知っていないとでは、大違い\(^0^\)

パスのアウトライン化はIllustratorを使っていると空気を吸うように使うことになるよ!

複雑な図面やイラストも「線」をパスのアウトライン化楽に効率よく作ることができるようになれます

これって「パスのアウトライン化で作れるんじゃね?」ってところが無いか常に意識してトレースしましょう!

みんなも、やってみてね!

耳子うれしい\(^◇^)/

-初心者用Illustratoの使い方講座
-

Copyright© イラスト素材のイラレ屋 , 2017 AllRights Reserved.