初心者用Illustratoの使い方講座

【全自動】イラレのアクションバッチ処理でaiファイルをPDFに自動変換する方法

投稿日:2019年8月22日 更新日:

【全自動】イラレのアクションバッチ処理でaiファイルをPDFに自動変換する方法

イラレのアクションの使い方を覚えた後は、いよいよ「バッチ処理」です!

ちばこちばお
一度セットしてしまえば、あとは全自動で単純作業を自動化できます。

 

 

イラレアクションバッチ処理の使い方

初心者の方には、バッチ処理は難しいと感じると思います。でも、そのままマネしてやってみると実はカンタンです!

 

バッチ処理用のフォルダを2つ作成する

バッチ処理用のフォルダ

「変換前」「変換後」と2つ新しくフォルダをデスクトップや好きなところに作成します。

※ フォルダ名は、自分でわかれば他のものでもOK

 

「変換前」フォルダにイラレaiファイルをコピペする

バッチ処理したいデータを、「変換前」フォルダの中にコピペします。

 

アクション登録を開始する

イラレの「アクション」ウィンドウの右上をクリックして「新規アクション」をクリックします。

 

新規アクションに名前をつけて記録開始

新規アクションに名前をつけて「記録」ボタンを押すとアクションの記録がスタートします。

ここからのIllustratorの操作がアクションに記録されます。

※この記録された操作を、後から「バッチ処理」で「繰り返し実行」するために利用します

 

変換前フォルダのイラレファイルを開く

「変換前」フォルダから1つIllustratorファイルを開いて、「別名で保存」します。

 

PDF形式で「変換後」フォルダにPDF形式で保存

PDF形式で「変換後」フォルダにPDFを保存します。

 

開いていたIllustratorファイルを閉じます

アクションを見ると「別名で保存」「閉じる」の操作が記録されています。

これでアクション登録完了です。「再生/記録を中止」ボタンをクリックしてアクション登録を完了します。

この際に作成した、「変換後」フォルダに別名保存したPDFファイルは一旦削除してください。これでバッチ処理の準備完了です。

 

イラレのバッチ処理でアクションを実行する方法

イラレのバッチ処理でアクションを実行する方法

アクションの右上をクリックして出てくるメニューの一番下側に「バッチ」と出ています。クリックします。

 

バッチ処理ウィンドウの設定方法

バッチのウィンドウの「実行」部分で「アクションセット」「アクション」が選べます。

ソースは「フォルダー」を選んで「選択」ボタンをクリックし「変換前」フォルダを選択します。

保存先は「フォルダー」を選んで「選択」ボタンをクリックし「変換後」フォルダを選択します。

アクションの「保存」コマンドを無視にチェックを入れます。

バッチ処理ウィンドウの設定方法

これで準備完了です。「OK」をクリックするとバッチ処理でPDF保存のアクションが、変換前フォルダの中のIllustratorファイルの変換が全て終わるまで自動で繰り返し実行されます。

バッチ処理中はは「余計な操作をしない」ようにすると良いです。バッチ処理中に余計な操作をするとアクションがうまく実行されないリスクがあります。わたくしめはバッチ処理を実行したら、トイレ休憩やストレッチ体操などをして仕事の気分転換の時間にしております。

 

ちばこちばお
これで100ファイルでも1000ファイルでもまとめて処理できます!

うおお!もうPDFが「変換後」フォルダに大量にできてるっす!バッチ処理ってすごいっすね!
アシスタントの田中君

 

ちばこちばお
動画で実際にこのやり方を収録して、バッチ処理を実行している様子もyoutubeに公開中です!

このページの中にも動画を埋め込んだので見て真似してやってみてね♪

 

【動画】イラレアクション バッチ処理!PDFを自動で量産する方法

 

ウサ耳子
イラレ道場講師のちばこ先生がユーチューブでIllustratorを実際に操作してイラレのプロの技を全公開中です! よかったらチャンネル登録おねがいねー♪

>>【YouTube】Illustratorの使い方が動画でわかる!イラレ道場チャンネルはこちら!

-初心者用Illustratoの使い方講座
-, , , , , , ,

Copyright© イラレ屋 , 2019 All Rights Reserved.