初心者用Illustratoの使い方講座

Illustratorの画像配置 リンク画像と埋め込み画像\(^。^)

投稿日:

●○●イラレ道場-ちょこっとレッスン●○●

みなさま、おはこんばんちは\(^。^)

ちばこちばおでございます(^◇^)
それでは、今日もちょこっとレッスンたのしくまいりましょう(^◇^)


◇◇◇ Illustratorの画像配置 リンク画像と埋め込み画像\(^。^) ◇◇◇

Illustratorに画像を配置する場合、「リンク配置」と

「埋め込み」配置の、二つの方法がございますが、今回は

その違いを、わかりやすく、ついてちょこっとレッスン\(^。^)

<下の画像を、Illustratorに配置してレッスンしましょう(^^ )>

Illustrator 使い方

           < リンク画像 >

下の図を、ご覧ください(^^ )


Aiのアイコンで長方形の形をしている

ゾーンがIllustratorのデータの範囲だと思ってください(^^ )



Illustrator 使い方

リンクで配置された画像は、本体画像は、リンク元の方にあります\(^。^)

ホームページを、つくったことがある人だと、すぐにわかると思いますが、これは

htmlのリンク画像と、同じ仕組みですね\(^。^)


リンク画像で配置すると、Illustratorのファイル内に、画像データは存在しませんので

Illustratorファイル自体軽くなりますよ \(^。^)


画像データは画像データのリンク先にあるので、Illustratorファイルは、その画像が

どこのパス(<ファイルの場所・階層>)にあるかとか、サイズとか

比率とかの情報とかしか要らないので軽いのですね(^^ )


リンク配置の利点は、配置する元画像を、フォトショップとかで編集して

変更した時に、その変更がリンク更新だけで、ラクに反映されることですよ(^^ )

これを活用しない手はありませんね\(^。^)


リンク配置の弱点は、リンク先の画像のファイル名や、パス(データの置いている場所)とかを

変更してしまうと、リンク先の画像が見つかりませんとかエラーになってしまうことくらいです。

仕組みがわかってくれば、カンタンなので、初心者のみんなも、やってみてちょ\(^。^)

         < 埋め込み画像 >
Illustrator 使い方

もう一方、埋め込み画像の方は、もう単純に配置した画像はIllustratorに

コピーされて、Illustratorにもう一つ画像が存在している状態でございます(^^ )


なので、リンク画像みたいに、配置画像のリンク先の元データ画像を、

加工しても、その加工はリンクではないので、反映されず、Illustratorに

画像を、再配置しないといけません(^_T)


その点が、とても面倒で弱点ですが、埋め込むことで、効果とかを

付けたりIllustrator単体でリンク切れもなく、ファイルを渡したりすることも

出来るので、場合によって使い分けられるようになってくださいね(^^ )


基本的に、まずはリンクで、配置して画像を効率良く、加工する方法を

マスターするとよろしいかと思いますよ(^^ )



実際にやってみると、慣れてきて「そういうことか!」ってなりますよ(^^ )



リンク画像を埋め込み画像にするのは、リンクパレットからカンタンに出来ますので

基本的にやっぱり、リンク配置で作成していくのがいいと思いますよ(^_-)

<これにつきましては、前回のレッスンをご参照くださいませ(^_^ )>



Illustrator

みんなもやってみてね(^。^)

イラレ屋
http://www.illareya.net/wp-content/uploads/ameimg/blog_import_584779b9bd9be.gif
Illustrator用素材の宝庫! イラレ屋はこちら\(^^※)


-初心者用Illustratoの使い方講座

Copyright© イラスト素材のイラレ屋 , 2017 AllRights Reserved.