初心者用Illustratoの使い方講座

超ラクにIllustratorで色を塗る方法!

更新日:

超ラクにキャラに色を付ける方法

下のようなイラストをに色を付けたい時にどうしますか?
    
  便利な機能でラクに色をつけてみましょう (^v^)/ 

イラレで超ラクに色を付ける方法

Illustrator CS2か3くらいから付いている「機能」なのですが「ライブペイントツール」を使いましょう(^v^)/
 
    
 
 
これですね。他のソフトでも良く見る、バケツツールのマークをしていますね。
オープンパスでも囲まれた範囲を検出して色を着色することが出来ます(^v^)  

  ■ クローズパスにする線だけ残す

全選択して、そのまま着色出来るのでそれでもOKです。
 
  しっかり作りたい人は、色を付けたいキャラクターの線をオープンパスで描いてから
となりにコピーして、クローズパスにしたいラインの外形だけ残しましょう。

それを選んだ状態でライブペイントツールで着色いたします。

シンプルなイラストの場合は問題にならないのですが、複雑なものになるほど線が交錯しています。
その状態でライブペイントを適用すると、思い通りになかなか塗り分け出来なかったりするかと思います。

なので、複雑な箇所を含む場合はまとめて選ばないで、となりに複製して簡素化してからツールを適用いたします。
これだと複雑なイラストでも、ラクに色を付けることが出来ます(^v^)/

 

 

ライブペイントのオープンパスを動かすと色が消えちゃうのを防ぐ方法

ライブペイントで着色して、そのままでもOKなのですが、オープンパスを移動させると隙間が大きくなりすぎて色が消える時があります。
なので、キッチリしたクローズパスで塗面を作りたい場合は、上の手順で大体余計な線を軽く消して、それに対してツールを使って色を付けます。

それでもオープンパスが元なので、下のように行かない場合が多いのですが、下のオブジェクトは、完全なクローズパスです。
しかも、重なりの無いシンプルな複合パスになっています。

 


  ここがテクニックでございます!

このテクニックは次回にもったいぶってお届けいたします(^v^)/
 

最初からクローズパスで作れる箇所はクローズパスで作るようにします

最初から極力、クローズパスで作れる箇所はクローズパスで作成します。

そうじゃない箇所は上の手順でクローズパスを生成して元の位置の背面に配置すればOKです。
 
 
初心者の間は見極めの判断が「難しい」と思います。
なれると直感で出来るようになりますので、とにかくわからない状態で雑に数をこなしてみてください。

ドントシンク!フィールです v(‘v‘)V
 
さらにポイントにスナップ。
スマートガイドをON状態で、キッチリポイントを合わせて作れたら完璧です(^v^)/

 

よく使う操作はショートカットで!【ショートカット一覧】

ツールボックスのショートカットは、一番操作効率が良くなります。
最初は見ながら使って「体」で覚えましょう。

いきなり出来るようになる時がきますからね\(^o^)/ 
 

ショートカット一覧はこちらをどうぞ
>>Windows・macのイラレのショートカット一覧

 

Illustratorでは色を塗る場所は閉じたパス(クローズパス)で作る

クローズパスで着色するというのは「単純」に言えば同じ色を付けたい箇所を1つの面とするということになります。

なれるとカンタンになるのですが「クローズパス」を作るのは実際めんどくさい!

色を塗りたいだけでクローズパスを作るというのは「かなり手間」です。

次回のレッスンで「ライブペイントツール」で着色した部分を「クローズパス」にする方法!

完全なクローズパスを生成し抜き出す方法を公開します!


イラレ屋の企業秘密を教えちゃうので、みんなにはナイショね!

-初心者用Illustratoの使い方講座
-, , ,

Copyright© イラスト素材のイラレ屋 , 2017 AllRights Reserved.