初心者用Illustratoの使い方講座

散布ブラシの作り方\(^。^)

投稿日:

●○●イラレ道場-ちょこっとレッスン●○● 今日も、初心者の方のお役に立つ Illustratorの便利なテクを、ご紹介します\(^。^) ◇◇◇散布ブラシの作り方\(^。^)◇◇◇ みなさま、おはこんばんちは\(^。^) 今日も楽しくIllustratorをレッスンしましょう(^v^)/ 今回は散布ブラシの作り方です! 散布ブラシというのは、登録したオブジェクトを

設定した数字で、散布(ばらまく)時に利用します。

粒子状のものが、スプレーされて吹き出している

状態を表現したり、点描画を作成するときに利用

すると便利ですよ。葉っぱを散布ブラシにして

ばらまけば、木もカンタンに作れますよ\(^。^) 圧倒的な仕事量を一瞬でやれますね! <作り方> このブラシが一番簡単です。 まず、なんでもいいのでオブジェクトを作ります。

今回は作例として★マークをつくりました。 作成したオブジェクトを選択して、ドラックアンドドロップで

ブラシウィンドウに放り込みます\(^。^) すると、新規ブラシという、このウィンドウが

表示されるので、新規散布ブラシを選んでokします! そうすると、散布ブラシオプションウィンドウが

出てきますので、ここで数値設定をしてあげましょう\(^。^) ランダムと、筆圧と固定が、プルダウンメニューから

選択出来ます。固定は、散布設定が変化しません。 一定間隔でばらまきたい時などは、固定を利用しましょう。 ランダムは、名前のとおりランダムに散布される間隔や

サイズ、回転角度などが自動的に決定される設定です。

筆圧は、筆圧に応じて、間隔や回転の強度が決定されます。

これには、筆圧感知対応のペンタブレットが必要になります。 白い三角=△ と 黒い三角=▲ ランダムや筆圧を選ぶと、黒い三角=▲が

出てきて、それをいじれるようになります。

固定だと、白い三角だけです。 この▲と△の位置をマウスでドラックして

ランダムで変化する範囲を設定してあげます。

▲は、変化の最大値 △は、変化の最小値 の位置にもってくるようにすると上手くいきますよ\(^。^) カンタンに言うと、▲を左、△を右側におくといいですよ! サイズ>オブジェクトの大きさが設定出来ます。 間隔>パス上のオブジェクトの間隔が設定出来ます。 散布>パスからはずれて、ばらまかれる距離が設定出来ます。 回転>オブジェクトの回転角度が設定出来ます。 数字を設定したら、OKしましょう\(^。^) 最初はよくわからなくても、大丈夫! まず、適当に作って、イメージと違う場合は

登録したブラシを、ブラシウインドウで選んで

ダブルクリックすればまた、散布ブラシオプションウィンドウが

出てきますので、そこで設定を微調整することが出来ますよ(^_-) すでに適用したブラシの結果がリアルタイムに変化しますので

プレビューしながら、設定を変えることが出来ますよ! ブラシを登録したら、あとはブラシツールを

選択して、ブラシウィンドウから、今の散布ブラシを

選択し、適当に線を描けば、ブラシが綺麗に

散布されますよ\(^。^) 適当にグルグルって、線を引っ張っただけで

綺麗に★マークが散布されました(^。^) これだけオブジェクトをコピーしようとすると

とても面倒ですが、散布ブラシならカンタンですね! これを応用すれば、葉っぱから木をつくったり

粒点から、点描画を作成するのもカンタンですよ(^。^) 散布ブラシで木と草むらを描いたのがあるので イラレ屋にもアップロードしておきますね(^_-) 次回は、この散布ブラシの、もう一つの使い方!

オブジェクトパレットとして利用する方法を

やってみましょうね(^。^)おたのしみに! イラレ屋 https://www.illareya.net/wp-content/uploads/ameimg/blog_import_584776f4bf7f3.gif バナー https://www.illareya.net/wp-content/uploads/ameimg/blog_import_584776f5361e2.gif ブログの人気投票です。 もしよかったらクリックして応援してちょっぴーっ\(^。^) ※画像をクリックすると、拡大表示で綺麗な画像が見られますよ!

-初心者用Illustratoの使い方講座

Copyright© イラレ屋 , 2019 All Rights Reserved.