ワードプレス(WordPress)の使い方

エックスサーバーにhttps(SSL)を無料導入する方法!

更新日:

https(SSL)が無料オプションで導入できるエックスサーバーの設定

みなさんこんにちは!ちばこちばおです。

 

今回は

https(SSL)に対応することができるサーバーとその具体的なやり方

についてのお話です。

 

2017年10月Google Chromeからhttps未対応サイトに警告マークが出るようになる

googleはhttps未対応サイトに現在、グレーのアイコンで「安全な接続ではない」というライトな警告を表示しています。

それが、2017年10月から赤い警告アイコンになるという情報発信がありました。

ロングテールキーワードでサイト運営している人やPPCなどの広告で集客している人には、すぐには影響がないような気もします。しかし、アフィリエイトサイトなどを運営している人などは、結構、大波的な大変化である可能性が示唆されています。

Googleは、2017年10月リリース予定のChrome 62において、入力欄のあるHTTP接続のウェブページを表示した場合と、シークレットモードでHTTP接続のすべてのウェブページを表示した場合に、「安全ではない」と表示することを発表した。

Googleでは1月リリースのChrome 56で、パスワードやクレジットカード情報の入力を求めるウェブサイトにアクセスした際に、アドレスバーに「安全ではない」との警告を表示する変更を行っている。

Chrome 62ではこれを拡大し、「安全ではない」との警告を表示する対象を、例えば検索欄などを含むすべての入力欄を持つHTTP接続のウェブページに拡大する。

引用:Google、10月提供のChrome 62以降で、入力欄のあるすべてのHTTP接続ページで警告を表示

先延ばしにしていた、https対応ですが、そろそろ対応しないとイヤな予感ですね・・・

httpsとは、SSLと呼ばれる技術で暗号で通信することで安全な通信を確保する技術です。これまで、ショッピングカートなどのページには必須で導入されてきたのですが、普通のホームページでは、httpから始まるアドレスで、特に保護することなく通信が行われてきました。

googleはより安全な通信環境を推進するために、全てのサイトをhttps(SSL対応)するように、対応サイトを優遇(上位表示)したり、非対応サイトに警告マークを表示するなど徐々に、環境を改善しようとしています。

 

かなり前からgoogleはhttps対応を奨めてきた

かなり前からhttpsはやらなければならないと思っていたのですが「今回、急激にgoogleが急かしてきた」ので正直「勘弁してくれ!」と思っている人が大半です。

ウェブ屋をやってると、「こんなもん金がかかって無理だわ!!!」とお手上げで、正直バンザイなんです(´`:)

AMP対応はWordPressだと、有料テンプレートだと簡単に対応できるのですが、これも固定ページ系は頭の痛い問題です。

 

アフィリエイトサイトにおけるhttps化(SSL対応)

アフィリエイトサイトの場合はマルチドメインで、SSLが「無料オプション」で使えるサーバーがあれば、今回のhttpsという大波に対応できます。

そういえば、アフィリエイトのASPの案件のタグもhttpsタグが当たり前になってきました。

そろそろ対応しなくちゃ・・・「でも難しそうだし面倒だし、お金がどんだけかかるんだよ!」

、、、ということで、どうにかできないか調べてみました。

 

エックスサーバー(Xサーバー)が無料オプションでSSL対応可能!

現在、さくらVPSサーバー、ヘテムルサーバーをメインに契約してマルチドメインで複数のサイトを運用しています。

普通のサーバーで「SSL対応」させようとするとかなりのお金がかかります。

ドメインごとに対応させる必要がありますので「マルチドメイン」で沢山のドメインを使ってるならお手上げです。

調べたら、エックスサーバーだけが今現在このマルチドメイン&SSLに無料オプションで対応していることがわかりました。

 

本日、即効でエックスサーバーと契約しました。

WordPressもPHPもMySQLも揃っていてマルチドメインにも対応しています。

価格も、ヘテムルよりかなり安いですね。

とにかく、この「SSLオプション無料」はアフィリエイトサイトにとって価値ありすぎです。

☑ SEO的にも未対応の他のライバルサイトより有利に立てるので一石二鳥です!



>>SSL(https)が無料『エックスサーバー』の詳細を見てみる

新しいサイトから順次「エックスサーバー」にUPしていくことにしました

新しいサイトは、XサーバーにUPして最初からhttpsに対応したサイトで開始させることにしました。

すでにあるサイトは、「むやみに移動させるのは少し危ないかも知れない」ので、「新規ドメイン」だけエックスサーバーで運用を開始することにしました。

これからサイト運営などを開始したい人は最初からもう「エックスサーバー」にするのが良いと思います。値段が安く高性能なレン鯖ではダントツです。

 

エックスサーバーでhttpsに対応させるための「具体的なやり方」

YouTubeでエックスサーバーに、ムームドメインの独自ドメインをセットアップする方法と、エックスサーバーでドメインをhttps(SSL対応)して、リダイレクトする方法をわかりやすく動画にして解説してくれている人がいました。

以下、みなさんも動画を見て設定方法をご参考ください。

 

Xサーバーにムームドメイン取得の独自ドメインを適用させる方法

エックスサーバーで独自ドメインを設定する方法 - YouTube

※ 最初は面倒に感じますがすぐになれます

 

エックスサーバーでドメインをhttpsにして、さらにリダイレクトする方法


エックスサーバーでSSLを導入してhttpsサイトにする方法【前半】 - YouTube

 


エックスサーバーでSSLを導入してhttpsサイトにする方法【後半】 - YouTube

 

httpからhttpsへのリダイレクト用コード

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R,L]

↑ エックスサーバーの「.htaccess」設定画面にコピペで「適用」するだけでOKです

 

YouTubeの動画解説の中で出て来るので、Xサーバーのどこにセットするかを見ながら操作しましょう。

これで、httpにアクセスしても、自動でhttpsに転送されてセットアップ完了です。お疲れ様でした。

 

FFFTPでエックスサーバーにアップロードしたらhtmlなどが文字化けする場合

下記サイトの設定方法で回避できました。プログラムエラーが出たのですが、文字化けによってバグが発生しました。

初期設定で、UTF8などの文字コードがサーバーにUPした時におかしく変換されないように、下記サイトを参考にFFFTPの設定をすると解消できました。

>> FFFTPでエックスサーバーにデータをUPロードしたら文字化けした場合の正しい設定方法

※ 思ってるよりかなり簡単でした。これなら、SSL対応を手順通りにやればちゃんとできます。



>>SSL(https)が無料『エックスサーバー』の詳細を見てみる

 

https(SSL対応)になったイラレ屋のURL表示欄

「保護された通信」という表記と安心の「鍵マーク」がついちゃった!

モチ(ノ)*^ω^*(ヾ)モチッ!

 


>>SSL(https)が無料『エックスサーバー』のキャンペーンを見てみる

-ワードプレス(WordPress)の使い方
-

Copyright© イラスト素材のイラレ屋 , 2017 AllRights Reserved.