初心者用Illustratoの使い方講座

Illustratorで選択したパスの色を見やすくする方法!

投稿日:2011年1月28日 更新日:

みなさま、おはこんばんちは\(^。^)

イラレ道場講師の「ちばこちばお」でございます(^◇^)

今回のレッスンは「Illustratorで選択したパスの色を見やすくする方法」です\(^o^)/

☑ Illustratorには「レイヤーオプション」というウィンドウが隠れています。

これを、レイヤーから簡単に表示させて選択した時に表示される色を自由に設定できます!

これで、選択しているオブジェクトがわからなくなる状態を回避して、見やすい使いやすい状態でIllustratorを操作できることができます( ^ ^ )/

 

選択したパスの色を見やすくする「レイヤーオプション」設定方法

☑ Illustratorでパスを選択すると「色」がでます。選択していますというシグナルです。

このシグナルとして出る「選択している時に表示される色」は「好きな色」に出来ます(^_^ )

この方法を使うことで、背景色(トレースしている画像等)に選択した時の色が溶けこんでしまう時に選択しているパスやオブジェクトが見やすくなります

例えば、「青色」の下絵の上で「青色のラインのパス」を作成していると、今どこを選択しているのか?選択しているのかどうかすら、わからなくなっちゃいます(^^;)

選択している色を、この場合は「青(ブルー)」に対して浮き出る別の色[赤(レッド)など]に設定してあげるとクッキリと見やすくなります\(^。^)

 

1. Illustrator「レイヤーオプション」の表示方法

☑ レイヤーをダブルクリックするとレイヤーオプションが出てきます。

●○● オレ流 イラレ道場 ●○●-パスの色を見やすくする方法01 

2. レイヤーオプションのカラー(C)設定方法

レイヤーオプションの「カラー」のところをクリックすると沢山の色が出てきます。プルダウンメニューで色が選べます。

☑ これがそのレイヤーにある「パスを選択した時に表示される色」です\(^。^)

ここで色を「レイヤーごとにカスタマイズ」してあげましょう。

背景やパスの色と同じような色で見えづらい状態を回避できます (^_-)☆キラッ

●○● オレ流 イラレ道場 ●○●-パスの色を見やすくする方法02

3. ライトブルー設定の「パスの色」が「レッド」に表示が変わったらこうなる

下の画像がレイヤーのカラーをレッド(赤)にしたものです。
大体、赤(レッド)や青(ブルー)など原色系が見やすい色だと思います。基本的に、赤か青のどっちかにしたらOKですので、シンプルです。赤でダメなら青。青でダメなら赤にしたら見やすいケースが大半です。全部、青(ブルー)にしてもOKです。
Illustratorはレイヤーを増やすと勝手にいろんな色が付いていきます。
☑ 見にくい時にこの方法で色を変更しましょう( ^ ^ )/
●○● オレ流 イラレ道場 ●○●-パスの色を見やすくする方法03

こうやってIllustratorのコツを覚えていくとドンドン使いやすくなっていきます( ^ ^ )/

●○● オレ流 イラレ道場 ●○●-ちばこちばお

>> Illustrator レイヤー移動の使い方!オブジェクトだけを移動させる裏技

>> Illustratorレイヤー使い方リスト

 

-初心者用Illustratoの使い方講座
-, ,

Copyright© イラスト素材のイラレ屋 , 2017 AllRights Reserved.