初心者用Illustratoの使い方講座

ブラシ、スウォッチウィンドウを自動表示させる方法\(^。^)

投稿日:

●○●イラレ道場-ちょこっとレッスン●○● 今日も、初心者の方のお役に立つ Illustratorの便利なテクを、ご紹介します\(^。^) ◇◇◇ブラシスウォッチウィンドウを自動表示させる方法◇◇◇ みなさま、おはこんばんちは\(^。^) 今日も楽しくIllustratorをレッスンしましょう(^v^)/ 今回のレッスンは、読み込んだブラシや

スウォッチウィンドウを、毎回読み込まなくても

自動で表示させる方法です! ブラシデータや、スウォッチデータは

Illustratorのプログラムの入っているフォルダの

中にある、「プリセット」というフォルダの中にある 「スウォッチ」「ブラシ」というフォルダの中に 入っているデータのことです。 スウォッチは、パターンのデータ、ブラシは パターンや形状が記憶されたパスのデータが 入っています。 自分でデータを作成したり、素材集から データを、このフォルダーにコピーして

読み込めるデータを増やすことも出来ます。 Illustratorの操作画面の上に表示されている

メニューからウィンドウ/ブラシライブラリ でブラシデータを読み込むことが出来ます。

スウォッチの場合は、ウィンドウ/スウォッチライブラリを

選択すると、ラインナップが表示されます\(^。^) (クリックすると、綺麗な画像が出ますよ(^。^)) そうやって、読み込みすることによって

ウィンドウからデータを選んで、利用することが

出来るのですが、起動するたびに

ライブラリからデータを読み込むのは

面倒ですよね? いい方法がありますよ! まず、読み込んだデータ、ウィンドウの右上に ある▲をクリックすると、上の画像のように

メニューが出てきますので、その中から

固定を選択してください\(^。^) すると、次回からの起動時からは Illustratorの起動と同時に ブラシやスウォッチが自動読み込みされる

ようになりますよ(^_-)

次回からは、ブラシデータの種類と

その利用法をご紹介したいと思います。 ブラシには、散布ブラシ、パターンブラシ、アートブラシ カリグラフィブラシと沢山種類があるんですが それぞれの、違いや長所、使い方と裏技をお伝えしたいと

思います(^_-) お楽しみに\(^。^) イラレ屋 https://www.illareya.net/wp-content/uploads/ameimg/blog_import_584776e84e4c5.gif バナー https://www.illareya.net/wp-content/uploads/ameimg/blog_import_584776e8bc731.gif ブログの人気投票です。 もしよかったらクリックして応援しちょ\(^。^)

-初心者用Illustratoの使い方講座

Copyright© イラレ屋 , 2019 All Rights Reserved.