初心者用Illustratoの使い方講座

イラレで3D\(^。^)2D化して編集しようぜ!

投稿日:2007年5月7日 更新日:

●○●イラレ道場-ちょこっとレッスン●○●

みなさま、おはこんばんちは\(^。^)

ちばこちばおでございます(^◇^) それでは、今日も、たのしくレッスンを致しましょうね(^◇^)

 

◇◇◇イラレで3D\(^。^)2D化して編集しようぜ!◇◇◇

前回のレッスンで、文字を3D化して押し出して、立体にしました\(^。^)

今回は、それを、Illustratorらしく自由に編集する方法を、レッスンしてみましょうね(^v^)/

1)これが、前回作成した立体の文字ですよ(^_-※) これを、2D化して、自由にいじれるようにしてみましょうね♪

2)3Dオブジェクトを選択して、ファイルメニューから、「オブジェクト」/「アピアランスを分割」

 を選択しましょう\(^。^)

これで、3Dから2Dの状態に分割されましたよ\(^。^)

さらに、グループ化されている状態なので、グループ解除をおこないます(^_^)/ わたしの場合は、グループ解除のショートカットを連打して完全に解除してまーす(^_^)/

グループ解除のやり方はこちら>> 「イラレ道場」 グループ化ってなぁに?

3)それでは、好きな部分に好きな色をつけましょうね(^v^)/

文字の、表面のところの色を黄色くしちゃおうかな(^o^ )

4)同じ色をしている部分を自動で選択したい場合は、ファイルメニューの

 「選択」/「共通」/<選びたい項目を目的に応じてえらびましょう(^。^)>で

 自動選択することが出来ますよ(^。^)

 これも、とても便利な機能ですよ♪ やってみてちょ(^_-)

5)はい、こんなふうに、選ばれちゃいましたね(^_-)これは、古いバージョンのIllustratorでも  あった機能ですので、どんどん利用するとラクちんですよ♪ こんなふうに、もう普通の2Dのオブジェクトですので、自由に編集できるので

便利ですね(^_-)

ちょっと、手直ししたところとかも、修正するのがカンタンでいいですね(^_-)

押し出して、出来た立体部分の色を、オレンジ色にしちゃおうかな(^o^ )

いやぁ、便利ですね(^^;) 以外と、立体的なロゴとか文字を作るのって、手間がかかってたのですが

Illustratorでダイレクトに、処理出来るとまさに、very goodです(^_^)/

<3Dデータを残しておくと、安心ですよ(^_-)>

3D状態でまた、いじくりたいとか、変更したいとかなったときに、2D化してしまってからだと

アピアランスから、再編集出来ないので、3Dにした状態のデータは、別途、残しておいて

コピーしたものを編集すると、よりよろしいかと思いますよ(^v^)/

今回は、遠近効果を適用しないで作成しましたが、メニューをよく見たら、遠近方を適用して

作成することも出来ますね(^。^)

遠近も、こうやってカンタンですね\(^。^※)









-初心者用Illustratoの使い方講座

Copyright© イラレ屋 , 2018 AllRights Reserved.