アフィリエイト

Amazonアソシエイト閉鎖復活の裏技とは?

2019年4月21日

ちばこちばお

このように、いきなりメールでAmazonアソシエイトアカウントが閉鎖されたメール連絡がありました。

365日以上売上がないのが理由だそうです。(売上はありますので、詐欺メールではないですよね・・・?と問い合わせました

 

そしたら、昔作って現在使わなくなっていたサブアカウントのほうが閉鎖になったということがわかりました。

普段使っているAmazonアソシエイトのメインアカウントは大丈夫ですという内容でした。

正直びっくりしました(人´ω`;)

よかったぁー!とは思ったのですが365日売れないと閉鎖されるのという規約変更があったのは事実だと知りました。

 

Amazonアソシエイト閉鎖サイト復活方法

 

このように、「アマゾンアソシエイト広告」がなんらかの理由で閉鎖された。

復活させたい!

 

ちばこちばお

そんな場合は裏技があります。審査も圧倒的に通りやすくなります。

Amazonアソシエイトの審査が通らない。

閉鎖された後、アカウントを復活させてほしく真剣に問い合わせたのに機械的な返事しか来ない!

そんな方におすすめの方法があります。

今回、わたしは保険も兼ねてこの方法を実施しました。

 

注意ポイント

ただし、今回の方法は、正しい運営をしているのにAmazonアソシエイトが閉鎖された場合の復活方法となります。

日本語商標ドメイン、ペラサイト、スパムサイト、審査を通してないサイト、外部サービス(Twitter、YouTube)などへのアマゾンアソシエイト広告の掲載は規約違反となります。

またAmazonアソシエイト広告は、ドメインが異なる運営サイトは、それぞれ個別に審査が必要となります

禁止されている行為を行ってアカウントが閉鎖されたという方は、まず「問題がない状態(違反してない状態)」にサイトやアマゾンアソシエイト広告の利用状況を修正しましょう。それでも、「審査が通らない、おかしいよこれ!」という場合に下記の方法がおすすめです。

また、万が一Amazonアソシエイト広告が365日売れなかったなどの理由でアカウントが閉鎖されるリスクに備えたい

そんな方にも、この方法はおすすめです。当サイトで実際に行いながらご紹介します。

 

もしもアフィリエイトでAmazon広告復活

ポイント

Amazonアソシエイト広告はAmazonと直接契約しなくても、「もしもアフィリエイト」で利用できます。

つまり、もしもアフィリエイトを利用すると、Amazonアソシエイトが閉鎖されたサイトでもAmazonアソシエイト広告を復活できます。

もちろん復活と言ってもアフィリエイト広告としてコードを新しく生成してAmazonアフィリエイトができるという意味です。

ポイント

もしもアフィリエイトを利用することで「Amazonから直接広告配置するより条件が悪くなる」などのデメリットもありません。また、Amazonアソシエイトが万が一閉鎖された時に、保険として予備アカウントを持っている状態が作れます。

わたしは、今回万が一アカウントが間違いなどで閉鎖された時の予備として「もしもアフィリエイト」も利用させてもらうことにしました。

 

もしもアフィリエイトなら365日売れなくても閉鎖されない!

もしもアフィリエイトを利用してAmazonアソシエイト広告をやる場合、365日売れなかったとしてもアカウントが閉鎖されてしまうというリスクがありません。つまり、これはサブアカウント的に利用することもできます。

サブアカウントは万が一の予備で、昔からやっている人は持っている場合が多いのですが、365日売上が立たないとアカウントが閉鎖される規約変更がありました。そのため、サブアカウントを予備として眠らせてると、サブアカウントが閉鎖されます。

そこで、もしもアフィリエイトが便利です。Amazonから直接広告を貼るより条件が悪くなることも、不便になるということもありません。


>> もしもアフィリエイトはこちら

 

もしもアフィリエイト経由でAmazonアソシエイト

もしもアフィリエイト経由でAmazonの商品紹介ができます。


>> もしもアフィリエイトはこちら

メリットは「審査が通りやすく、Amazonと直接契約する時のような理不尽な対応を受けずに済む」という点です。

Amazon側の直接のアマゾンアソシエイト広告アカウントは365日商品を売ることができないと、AmazonアソシエイトIDが閉鎖されます。その他の理由で突然閉鎖メールが届くリスクもあります。

ルールを守って運営しているつもりでも、突然ルールそのものが変更になったのが「365日売れなければAmazonアソシエイトのアカウント閉鎖」というのは正直、サブアカウントが閉鎖されてかなり不安を感じました。

 

アマゾンアソシエイト広告の利用規約変更

後から利用規約が変更されて、真面目にやってきたのにAmazon関連で作成した記事が突然価値を持たなくなってしまうとしたら困りますよね。

レビューに数日かけて作業してるものもあるので、「メインアカウント1つで規約もコロコロ変わって厳しくなるけどよろしくね!」と言われても「そんなのひどいよ!」と正直思いました。

注意ポイント

2019年現在、Amazonアソシエイト広告はAmazonの審査が非常に厳しくなっています。私も別の新しいサイトで30記事ほど入れたWordPressブログの審査で落ちてしまいました。独自ドメインでちゃんと一次情報で作成してあるサイトです。

 

上記のように、新しいドメインでアマゾンアソシエイト広告の審査が通らない方も増えてると思います。

 

✅そんな場合も「もしもアフィリエイト」がおすすめです。

こちらはおかげさまで審査が通りました。翌日に審査が合格となったとメールが貰えました(人´ω`)

 


>> もしもアフィリエイトはこちら

 

 

もしもアフィリエイトの登録方法

もしもアフィリエイトの登録ページから必要事項を入力して登録完了です。

Amazon以外のアフィリエイト広告は、さらに報酬が高くおすすめです。


>> もしもアフィリエイトはこちら

 

登録したらAmazonアソシエイトに審査申し込み

もしもアフィリエイトに登録完了後、Amazonアソシエイト登録します。審査と言ってもボタンを押して待ってるだけです。

もしもアフィリエイトの登録したら、ログイン後に「Amazonアソシエイト広告」を申し込みます。

 

トップページにAmazonのバナーが出ているのでクリック。または、検索窓で「アマゾン」と入力すると、Amazonアソシエイト広告のプログラムが表示されます。

 

 

もしもアフィリエイトの、Amazon広告の審査の注意点

2019年4月現在「Amazon」と検索しても、余計な広告が14件ヒットしまして1P目に出てこなかったです。2P目までチェックします。
※「アマゾン」とカタカナで検索すると2件だけ表示され、すぐに見つかります。

 

✅ Amazonアソシエイトの提携審査を行います

提携申請するボタンを押せば審査開始となります。「申請中」と表示されたらOKです。あとは結果を待ちましょう。

ポイント

約7日くらいでAmazon審査結果がわかるという報告が多いです。この日数を目安に考えると良いでしょう。

 

もしもアフィリエイト提携承認日数

私の場合、もしもアフィリエイトからは、翌日に審査合格のメールをいただけました。

※ 審査機関は、翌日から7日前後が目安と考えると良いと思います。

 

もしもアフィリエイトでもAmazonアソシエイト審査合格

イラレ屋(当サイト)でも試しましたが、ありがたいことにすんなりと審査が通りました。

これで万が一、Amazonアソシエイトが閉鎖されても「復活できない」と困るリスクがありません。もちろん、これで違反行為をして良いというわけではありません。

審査が通りやすいからと言ってめちゃくちゃなことをすると、このようなありがたいルートも潰されてしまうので、ルールを守ったサイト運営を心がけましょう。

すでにAmazon側で審査が通っているサイトも、もしもアフィリエイト側でも審査を通しておけば、万が一Amazonアソシエイトが閉鎖された場合もすぐに復活できます。


>> もしもアフィリエイトはこちら

 

Amazonアソシエイト閉鎖理由「365日売り上げがない」

本家のAmazonアソシエイトは365日売上がないと閉鎖されると規約が変更されました。

ちばこちばお

噂で聞いていたのですが、自分にメールが届いてびっくりしました。

ちばこちばお

Amazonアソシエイトの売上はちゃんとあります。Amazonを語る「詐欺メール」がやたら届いているので、本家からのメールか問い合わせました。

 

Amazonアソシエイト閉鎖お問い合わせ方法

下記リンクからお問い合わせフォームに入れます。Amazonアソシエイトに「ログイン」してる状態である必要があります。

>> Amazonアソシエイトお問い合わせフォーム 

 

✅ お問い合わせ結果

・・・すると、「サブアカウントID(使ってない予備のID)側のAmazonアソシエイトの売上が365日なかったので、そちらが閉鎖になりました」という内容で、『メインアカウントは大丈夫ですので、ご安心ください』という返答をもらいました。

ちばこちばお

助かったと安心したと同時に、本当に青ざめましたね・・・

このおかげで365日売れないとアカウント閉鎖されることが事実だとわかりました。

さすがに、そこまで売れないことはないのですが、

どんな理由で閉鎖されるかわかんねー・・・ってゾッとしました。

 

✅ しかし、もしもアフィリエイト経由であれば、そのような心配がありません!

 


>> もしもアフィリエイト

 

 

新規ドメインのサイトでは365日売上がないなんてザラ

アフィリエイト広告なんて、Amazonに限らず「1年くらい売上がでないなんてザラ」です。

むしろ半年、1年経過してやっとサイトがGoogleなどの検索結果で上位表示され商品、サービスを購入して貰えるようになることの方が多いです。

ちばこちばお

昔と違ってサイト数が増えてライバルが多くなっているので、なかなかお客さんを集めるのが厳しい時代になってきました。明らかに記事を投稿してから収益化できるまで時間がかかるようになりました。上位表示までのラグを感じます。

特にアフィリエイト広告関連は、サラリーマンや主婦の方も副業で取り組んでいる方が多いのでライバルが非常に多く上位表示されるとしても、時間がかかります。初心者の方は、このAmazonの「365日売上がないならアカウント閉鎖」は想像以上に厳しい規約と考えてください。

また審査が通りづらくなっているのも本当のことです。既存のサイトはアカウントを閉鎖され、新規サイトは審査そのものが通らないという状況で絞り込みされてるわけです。Amazonを普段から利用していると、レビューで紹介したい時があります。

でも、そもそも審査が通らなかったり閉鎖リスクを保険となるアカウントでカバーできない状態は非常に厳しいです。

そのため、最初からもしもアフィリエイト経由でサイトの審査を通してAmazonアソシエイト広告で商品紹介する方法がおすすめです。


>> もしもアフィリエイトはこちら

 

Amazonアソシエイト365日売上なければ閉鎖

365日売上がなかったら、Amazonアソシエイト広告閉鎖しますね」とか、これからサイト運営したい人からすると鬼ですね・・・

こちら、その後閉鎖されたアマゾンアソシエイトプログラムのサブアカウントのメール内容です。7日前に予告メールがあり、365日以上売上がないという理由でアカウントが閉鎖されてしまいました。

アマゾンアソシエイトプログラムは、広告をクリックしてもらってから「24時間以内」になにかしらの商品がAmazonから売れると報酬が得られます。それそのものが、ドンピシャで売れなくてもついでに24時間以内になにか購入されると報酬となります。

注意ポイント

しかし、上記は一例でどんどん利用規約が厳しくなっています。新しいサイトのアマゾンアソシエイトプログラム掲載の審査も厳しくなっています。

 

✅ そのため、「Amazonアソシエイト広告をやりたい」という場合は、もしもアフィリエイト経由でやると良いですよ。

直接Amazon経由でやってる人は、保険でもしもアフィリエイト側の審査だけでも通しておけば、最悪のAmazonで365日売れずにアカウントが閉鎖されるリスクがありません。

ちばこちばお

また、もしもアフィリエイトは、Amazonアソシエイト広告以外の割の良い報酬案件が豊富です。ドロップシッピングで有名な会社でもありますが、アフィリエイトでも商品、サービスが豊富です。アマゾンアソシエイト広告以外の広告も報酬が良いのです。


> もしもアフィリエイトの詳細を見る

 

Amazonアソシエイトの審査が通らない

Amazonアソシエイト広告の審査が年々厳しくなってきています。理由は上記のとおりです。自社の顧客の囲い込みが完成したから、外部サイトから集客しなくても儲かってるからコスト削減してるわけです。

しかし、過去記事などでAmazonで売られている商品専用に作成したものが「膨大にあるサイト」などは悲惨です。

ちばこちばお

私はそれほどではないのですが、最近ちょっとAmazonだけに依存しすぎるのは危険だとやっと理解しました。

でも、たまに紹介したい商品がありますよね。

購入したついでに、商品の使い方を紹介したら「みんなの参考になるかも?」思い、先日Amazon経由で購入した「グラフィックボード」の紹介記事を作成しました。

動画編集なども込みで、結構な時間を投資しています。

Amazonはアマゾンアソシエイトプログラム広告掲載サイトを絞り込んでいく傾向にあります。

または突然アカウントを閉鎖されるリスクがあるとなると、かなりキツイものがありますよね。単純に採算が合わない。経済的に続けられない。

 

でも、もしもアフィリエイト経由なら安心ですね(人´ω`)


>> もしもアフィリエイトはこちら

 

ASPは完全出来高の営業代行と同じビジネスモデル

ASPは他の会社の商品やサービスの集客を代行して、フルコミッション(完全出来高)で収益を得るビジネスモデルです。

Amazonアソシエイト広告は、クリックしてもらってから24時間以内になにかAmazonで商品が購入されると報酬が得られます。

これも、昔は30日以内でしたがどんどん条件が厳しくなっています。

 

・・・ですので、これから広告でブログやサイトの収益化を狙いたいという方は、まずASPから商品を探すことをおすすめします。

ちばこちばお

しかし、どうしてもAmazonでしか売ってない。過去記事でAmazonを紹介している。

 

そういう場合は、Amazonから直接コードを配置するより、ASPの

もしもアフィリエイト経由が上記の理由でおすすめです(人´ω`)

 


>> もしもアフィリエイトはこちら

 

-アフィリエイト

Copyright© イラレ屋 , 2019 All Rights Reserved.