初心者用Illustratoの使い方講座

文字のオーバーフローってなぁに?\(^。^)

投稿日:

●○●イラレ道場-ちょこっとレッスン●○●

みなさま、おはこんばんちは\(^。^)

ちばこちばおでございます(^◇^) それでは、今日もちょこっとレッスンたのしくまいりましょう(^◇^)

◇◇◇ 文字のオーバーフローってなぁに?\(^。^) ◇◇◇

前回のレッスンでエリアテキストをお勉強いたしました\(^。^)

テキストの範囲を規定する枠線情報を持つテキストを、エリアテキストっていいますよ(^^ )

大きさは、ダイレクト選択ツール Illustrator で変更してあげるとよろしいでしょう(^_-)

下の画像で、上のものが、エリアテキストでございます\(^◇^)/ Illustrator 下の、横に伸びている枠線がない、テキストが

ポイントテキストでございます\(^◇^)/

上のエリアテキストのテキストボックスの右側をごらんください(^^ )

Illustrator オーバーフロー こんなマークが出ています。 「これは、オーバーフローがありますよ!」っていう、マークでございます。

オーバーフローというのは、文字がテキストボックスの中で、表示し切れていませんという

マークでございます(^^ )

実際は、「イラレ屋\(^。^)」がまだ、このテキストボックスの中に

入っているのですが、テキストボックスから、あふれてしまうので表示できませんよという

ことでございますよ(^_-) こういう場合は、テキストエリアを広くしてあげると、全部の文字が表示されて

オーバーフローのマークが消えますよ\(^。^)

インデザインでも、同じなんですよ(^^ )

あと、「テキスト連結」という方法で、オーバーフローを

解決する方法がございますよ(^◇^)

次回は、そのテキスト連結を

ちょこっとレッスンいたしますね♪

イラレ屋 https://www.illareya.net/wp-content/uploads/ameimg/blog_import_58477970dd955.gif Illustrator用素材の宝庫! イラレ屋はこちら\(^^※)

タイトル未設定 みんなもやってみてね(^。^)

-初心者用Illustratoの使い方講座

Copyright© イラレ屋 , 2019 All Rights Reserved.