運営者情報

イラレ屋 従業員プロフィール

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ちばこちばお
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┌──────────────────────────┐
 イラレ屋のCEO(最高経営責任者)で、illustratorで
作成した図面の枚数は累計2万枚以上を誇るイラレマスター!
<好物は、チーズケーキ>
└──────────────────────────┘

高校をギリギリ赤点を重ねながら卒業する(帰宅部)

小学館の新人漫画賞を受賞する

週刊モーニングで漫画家デビューする

その後、連載するだけのネタを量産できずノイローゼになりニートになる(1年ちょいくらい)

父親に「働かないなら医者に行って診断書書いてもらって役場に行って金もらってこい!」怒られてくやしくて、酒屋のアルバイトやお菓子を運ぶ運送のバイトをしてお金を作って田舎(秋田)から上京する。

 

上京し葛飾区に移住する

その後、上京し葛飾区に移住する。

弁当を配るアルバイトを1年して、パソコン系の仕事志望だった友達にMacでAdobe系のソフトの使い方を教わる。

そのおかげで、Adobe FLASHでアニメーション作品を作り、ネット教材を作る会社の面接の狭き門で契約社員(バイト?)で採用される。

 

しかし、10ヶ月後くらいで、その会社の契約が終わって無職になり露頭に迷う。

・・・がしかし、特許図面を製図する会社の面接を受けるすぐ採用される。

短い期間でしたが、実務経験者となったので、次の採用がすぐもらえました。

 

低賃金で生活に困る→副業→イラレ屋誕生

パソコン系の仕事は、1度経験者になると、次は採用されるのがイージーになります。(最初採用されて実務経験者になるまでが難しかったです)

そこで、4年10ヶ月ほど働くが、土曜も出社して働いても手取りが15万くらいでした。

そのため、副業として「イラレ屋」を開発する。(このサイト)

そして、副業のイラレ屋で素材販売とイラスト作成、製図の仕事を請け負うようになりました。孫受けです。

 

副業の収入が月収50万円を超える

副業収入が月収で50万円を超えました。でも寝る時間が3時間くらいになって過労で会社に通勤できなくなりました。

お箸を持ってる手からお箸がポロポロ落としてしまうほど、手に握力が入らなくなったのです。

自律神経失調症、軽頚腕症候群と診察されるました。

休養してます(^_-)

その会社にいる時に、傷病手当を給付してもらって生活できたおかげで、徐々に元気になりました。

その後、退職届を出して独立開業しました。

 

独立おめでとうございます→干される

しかし、会社をやめて独立した途端、それまで仕事をくれていた会社(勤め先とは別の制作会社)が「独立おめでとうございます!」とメールをくれた後、一切仕事をくれなくなってしまいました。

それまで副業収入の「8割」の売上を依存していた会社に、独立報告したしたらいきなり干されたのです。1ヶ月しても2ヶ月しても3ヶ月しても仕事を全然くれないので「干された」と気が付きました。

青ざめて慌てて営業しました。「お仕事ください(T_T)」

 

その会社からしたら、オレが独立した瞬間、同業のライバルになったということで「うん、死んでねw」って感じだったのかも知れません。

ちょっと、残酷すぎて意味がわからなかった・・・w

 

しかし、その半年後に「廃業届」を提出することになりました。

 

イラレ屋は廃業となりました

 

 

派遣社員になる

その後、派遣社員になりDTP、html,CSSコーディング、プログラミング系の仕事の実務を重ねました。

職場に近いので、文京区に移住しました。通勤ラッシュから開放されました。葛飾区に住んでいた時は、常磐線という乗車率200%超え当たり前の通勤電車のラッシュアワー、電車で毎日通勤していました。土曜も出社してたのですが片道50分くらいで、もっと早く引っ越ししてればよかったと痛感しました。

しかし、この2年くらい務めた派遣先なのですが、不渡りを2回出して倒産してしまいました。また無職です。

その後、時給の良い派遣先が見つからず、夜勤はまた体を壊しそうなので半年以上、雇用保険を受給しながら職探しをしました。社員系はもうブラック企業しか採用してくれないので、もう1回だけ派遣をやってまた独立を考えていました。

すると、次の派遣先がやっと見つかりました。労働時間が短く、通勤は20分くらい。ホームページ制作、プログラミングなども職務にあるので勉強にもなると思いました。

 

次の派遣先でプログラミングの天才と出会う

その後、転職した派遣先でプログラミングを教えてくれる友達ができました。

名前は伏せますが、実はとあるゲームの有名人で超あたまがいい人でウェブ系のプログラミングとデータベースの実務経験があり、質問すればなんでもわかりやすく教えてくれました!

彼は、昼から、社長に隠れてビールを飲んでるアル中でしたが、無茶苦茶仕事ができるので会社でも重宝されていました。

オレは自分で「10年くらい独学してもプログラムを覚えられない」状態でくすぶっていました。彼の弟子になりプログラムを勉強しました。実際にサイトを作って動かせるようにもなりました。

その結果、短期間でデータベースも使えるようになりました。半年くらいで実務レベルの仕事ができる状態になりました。

 

また独立したいと考える

そんなタイミングで「一緒に独立しよう!」と、今度はプロレス好きの友人に「開業」のお誘いを受けました。

彼はゲームや野球やプロレス好きで、自分と趣味が合う人で一緒に仕事したら楽しいだろうなと感じました。

ただ、オレは1度廃業して、「個人事業の怖さ」を知っているので正直、もっと貯金してから独立したいとその時点では乗り気ではなかったです。

 

でも、折角なので「ダメ元」で再度独立することにしました。

しかし、その友達は残念ながら半年で廃業となってしまいました。新規のお客さんが取れず、顧客化のノウハウもなかったのが要因だったと思います。

さて困りました。また一人で独立状態でほとんど、安定した収入が無い状態になってしまいました。

 

なぁ、怖いだろ自営業?

自営業、個人事業主、または法人を作ってもこのように、すぐに潰れるケースが大半なのが現実です。

そして、オレはまた1人ぽっちの「個人事業主」になったわけです。

寂しいしお金ないし、仕事もないから貯金が毎月生活費分溶けていく状態です

 

座して死を待つのか?それとも打って出るのか?

このまま2回目の廃業を黙って迎えるのは・・・とガムシャラになり仕事をすることにしました。

 

慌てて「孫受け仕事」を入れまくる

まず目先の売上を確保しなければ潰れるので、慌てて特許図面の製図や、イラスト作成、サイト作成、プログラミングなどの仕事を孫受けで取るようにしました。

広告代理店や制作会社に面接して、雇用じゃなく下請けで仕事くださいと履歴書を持って面接する形でお願いして回りました。

これまで作成した作品をポートフォリオといいますが、ウェブサイトのURLと名刺と履歴書とポートフォリオを入れたケースでお願いして回りました。

とりあえず、特許図面の仕事を貰えました。「無茶苦茶仕事が余ってるから、是非お願い!」とお仕事をわけてもらいました。

それで、イラレでたった1人で、1ヶ月で1000図面以上書く月がでてきました。

今思いだすと自分でも考えられない仕事量ですが。フローチャートや流用図面も含むでですが、1日で60図面描いたのが最高記録です。その時期に描いた内容まではもう覚えてませんが、ちゃんと納品して褒められました。ノーミスで納品できました。

ほとんど寝ずに仕事ました。お金がなくまた廃業になる恐怖より、仕事できる喜びが当時は勝りました。

しかし、孫請案件の比率が多い状態は相変わらず貧乏状態でした。

 

体力精神力的にこのままでは、やがて持たなくなると感じました。

そこで、「集客についての勉強」を開始しました。

 

他の社長たちに集客方法を教えてもらいに行く

直接自力でお客さんを集客し、「直接お仕事を受注」すれば、孫請の倍以上の報酬が得られます。

中間コストがかからない分、利益が増えます。お客さんから余計にお金をもらうわけではありません。

むしろ、お客さんからすると値引きになるケースが大半でした。

なぜなら、イラレ屋に直接依頼すれば、問屋に依頼するのと同じだからです。

例えば、Aという製図会社やBという広告代理店に依頼しても、実際に作業してるのはイラレ屋の「ちばこちばお」なのです。

直接お客さんを集める「集客」をすれば、孫請するより収入が倍増レベルで増えます。

 

しかも、お客さんは話が通じるプロを相手に直接頼めるわけですから仕事がとてもラクになります。

仕事を依頼して電話窓口の人や営業担当者が「素人」で仕事内容がわからなかったり、話をしても意味が通じないと、依頼者側はものすごくストレスを感じるものです。

「話が通じないから担当者を直接出してくれ!」ってなるわけです。つまり、イラレ屋が直接お客さんを集客する面で、そこが強みになります。

お客さんの望み以上を叶えるサービスを直接提供し、お客さんの要望をダイレクトに反映し、徹底して喜ばれる仕事をすれば良いだけです。

オレも仲介会社を通すより、直にお客さんに納品した方が手っ取り早くラクになります。

 

集客方法(お客さんを直接集める)

まず、直接お客さんを集める「集客方法」を知るために、知り合いの社長や、事務所の所長に「集客方法」を教えてもらいに行きました。

社長たちいわく「会社員時代のコネと電話アポイントやダイレクトメール、アナログ広告であつめた」などの例が多かったです。アナログ営業ですね。ちなみに、この会社員時代のコネは、開業してから1年から2年くらいは有効ですが、そこから先は実力になります。結局、実力がないと、お客さんと仲良しでもお客さん側は経済的に採算が取れないので頼みたくても頼めなくなり離れて行きます。

教えてもらったことをすぐに実行してみた

教えてもらったことを、すぐに実行しました。その反応率が0.3%くらいで地獄を見ました(ほとんど集客できなかった・・・)

しかも、上記の方法で集められるお客さんというのは、すごいワガママで上から目線のお客さんしか集められませんでした。

集客の難しさを血まみれになりながら体験したわけです。この経験は独立開業しないと絶対にできません。

 

ここを自分は甘く考えていました。オレは技術あるから「お客さんなんて集めるの簡単だわw」とサラリーマン時代は思ってました。

実際は、とても難しく「集客できない」会社のほうが圧倒的に多いのです。だから志を高く持って開業した人の「8割」が、10年持たずに倒産や廃業で商売をたたむのです。

 

ネット集客に勝負を賭ける

その後、独自の方法で「ランディングページ」と「ウェブ広告」と「ウェブ集客記事」で、お客さんを自動で集める仕組みを作りました。

客単価を上げるため「集客関連」の書籍を読書しまくって勉強しました。もともと読書は好きでしたが、実学系にシフトしたのもこの時期です。

 

勉強不足だから苦しむ羽目になる。結局は自分が努力しなかったのが敗因。これを失敗して痛感しました。

もう「ちゃんと実務系の勉強しよう!」と覚悟を決めました。

石原明という経営コンサルの先生の、「嫌な客には売るな!」という本です。この本は、オレのバイブルです。

 

また、行政書士の丸山学先生の本もかなり勉強になりました。

石原明先生はアナログ的な手法で、集客から顧客化の流れを教えています。

上記の先生たちの本は全て購入して読破しました。何度も読んでボロボロになって2冊目まで購入した「嫌な客には売るな!」が1番勉強になりました。

この本を要約すると「良いお客さん(協力してくれるお客さん)」を集客して「顧客化する仕組みを作る」という理論とその具体論がわかります。

 

実際に存在するお店を具体例に解説していました。

それを、応用して「小さいお店の集客の仕組み」をわたしも真似して作りました。

 

行政書士の丸山学先生の理論は時代を先取りしていた

丸山学先生は、もう2005年頃の時代にネット集客方法を本で教えていました。だれもネットで稼げるとか思ってない時代です。頭良すぎて驚きます。

これを見て「無料で教える記事」をホームページで出しまくれば、お客さんが無料で集まることを学びました。

2010年頃「フリーミアム」という無料ビジネスでの集客理論が流行しましたが、その5年以上前に本で出版してたのが、行政書士の丸山学先生です。

 

さらに、その集めた見込み客を、石原明先生の「顧客化の仕組み」で囲い込む顧客フォローを行えば自力でお客さんを直接集めてリピーターになってもらえると考えました。

その上で、ネット広告をつけてランディングページへの集客を加速させました。

 

このランディングページというのは、商品やサービスを売るためだけのクロージング(購入・申込み)のためのページです。

お問い合わせや予約、商品の注文などを受けるためだけに存在する内容で、通常は縦に長いページで作られています。

 

これを、そんなに長くしないで作って「簡素」に、とりあえずお問い合わせをできるシンプルなランディングページを作成しました。

そこからお問い合わせを集めてから、希望するお客さんだけにハードタッチ(電話、直接面会する)のフォローをする方法を採用しました。

ライバルが少ないジャンルなので広告が安く入札でました。遂に、念願の直接のお客さんが勝手に集まるようになりました。

しかも、法人客のお客さんを獲得することができるようになりました。

しかも何件もです。忙しい時はすみませんと仕事を待ってもらったり断ったりしました。もったいないと思うかも知れませんが、「それでも待ちます」というお客さんが登場する状態になりました。

 

条件確認の段階で無理な提示をされた時に、「それではお仕事をお受けできません」と断ったら、「え?仕事を断っちゃうの??」とびっくりする方も数名いらっしゃいました。

絶対に断らないと思っているので「強気の条件を押し付けてくる商慣習を持っている会社」がかなり存在しました。全部断りました。それでも、依頼が詰まって処理できないので募集を停止しました。

リピーターだけで回る状態にして、人を雇って増やすと固定費が増えるので外注さんにお願いする形にしました。

 

うまく行った!

これがうまくいきました。

その結果、お客さんがお客さんを紹介してくれたり、孫請の仕事をやらなくてもよくなりました。やっと『がむしゃら』に無理しなくても、なんとかですが生活できるようになってきました。

しかも、お客さんは何度もリピートしてくれて何度もお願いしますと喜んで注文してくださいます。

 

でも、まだまだイラレ屋はここからです。実は、この数年まったく新しいビジネスモデルにプログラミングと自前のウェブサイト開発を行って収益化を進めております。

そのため、徐々に受託制作(依頼を受けて納品する系のお仕事)の量は減らして、同業他社にお客さんを紹介し完全に撤退した仕事も実はすでに複数あります。

新しいビジネスモデルの商売に集中するために、もう1段階上のレベルに挑戦している最中です。実はこれが、一番最初に独立した時にやりたかった商売の形なのです。当時は技術もノウハウも実力もお金もなにもなかったので出来ませんでしたが、今はその挑戦権を得たのです。

 

人を雇わずスケールアップさせられる時代

上記の方法に、ランディングページと呼ばれるものとメルマガ、YouTubeなどを組み合わせると「さらに面白い!」と気が付きました。

これらのノウハウが確立したら、これについても別の記事で詳しく解説させていただこうと思います。

このやり方なら、無理して従業員を雇わなくても商売をスケールアップさせることが可能です。何度か法人化してほしいと取引先の会社様に頼まれたのですが、人を雇って悲惨な潰れ方をした社長を何人も見てきてるので、とにかく無理に「人を雇いたくない」というのが結構大きい理由です。

業務内容を大胆に変化させる時も、直接雇用していると機動性が弱くなります。

これからの時代は、無理に会社に人を増やして固定費を増やさない商売も成立するので、そっちで勝負することにしました。

精神的にも幸せでいられると思います。

毎月、毎月従業員の給料分の仕事を取ってくるのは無茶苦茶キツイことです。固定費が毎月出ていく状態は地獄です。不渡り2回で倒産です。誰も助けてくれないし助けようもないのです。

 

最近、サイトから直接収益を生むウェブサービス開発を直営行い、直接運営するようにもなりました。

これが、とてもとても楽しい!そんなに商売を大きくしなくてもいいので、地味にやってけたらそれで良いです。間違って爆発したら、そのサービスサイトごと売却します。基本、ほそぼそと運営保守して面白い管理人になりたいというのが、ささやかな願いであります。

 

Illustratorは将来性が高い

イラレ屋では、無料でIllustratorが使えるようになれる記事を沢山掲載しています。かなり昔から存在するソフトですが、イラレはオワコンにならない将来性の高いソフトです!

✅ 具体的に説明すると、Illustratorは、DTPや紙媒体だけではない将来性があります。

インターネットのホームページ、ブログ、スマホ用アプリなどで使う、イラスト、図、様々な素材での需要が今後も伸びていくと予想されます。フリーソフトも存在するのですが、Photoshopだけではなく、他の動画編集ソフトや、オーサリングソフトなどとの相性も良く、様々な商売で需要があります。

Illustratorは、ちゃんと使えるととてつもなく便利なのです。

 

実際に、今のオレは紙媒体系の仕事はまったくやっておらず、インターネット関連のサイトやアプリ、プログラムでサイトを作っていますがIllustratorが使えて無茶苦茶便利です!

つまり、今後もIllustrator、Photoshopなどは、「会社員として雇われたい」と思っている人が、習得する場合や「独立したい人」にも重宝なスキルとなります。

実際に、Illustratorが使えたから独立して廃業して終わりそうになった時に、ちばこちばおは復活することができました。芸は身を助けるといいますが、イラレは身を助けるです。

Illustratorが使えたらPhotoshopは猫でも使えるようなレベルのおもちゃだと理解することになるでしょう。

フリー素材のイラストも便利ですが、オリジナルイラストが自由自在にかけると大変便利でGoogleの検索エンジンの仕組みも、オリジナルの写真やイラストが掲載されているサイトを上位表示するアルゴリズムであると公式に発表しています。イラストの一次情報を自分で作ることができるのは、インターネット時代においても強みとなります。

ちなみに、Googleはどのサイトが一番最初にオリジナルイラスト、写真をネット上にUPしたかまで把握しています。一次情報(オリジナル)は評価され有利な集客を実現します。

 

プログラミングも今後有望

また、プログラミングも今後需要が伸びます。ウェブ系のRubyやPHPは勉強して損はないです。

私は独学とプログラマーの友達から教えてもらってやっとプログラミングできるようになりました。

これが独学だけだと10年かかっても覚えられませんでした。ラッキーなことに、教えてくれる人が現れた直後、急激に使えるようになりました。

そのコツも含めてお伝えしてまいります。

 

YouTube開始

最近、YouTubeをはじめました。昔からたまに、適当な一発撮りを投稿してたのですが、2019年になって本気で参入開始となりました。

その理由ですが、文章と画像だけではなく、動画でも説明するほうがわかりやすいと思ったからです。

YouTube→ オレ流!イラレチャンネル

なにかリクエストや質問などがありましたら、気軽にYouTubeのコメント欄、Twitter DM、ブログコメント欄やメールを送ってください(^ー^)ノ

Twitterも気軽にフォローしてくれると嬉しいです(人´ω`)

 

Twitter→ https://twitter.com/illareya

 

ファンレターもお待ちしております(人´ω`)

ちばこちばお

 

正直、わからないことが多い中、知ったかぶりして教えてるので、色々ご指摘してもらえるとありがたいです(人´ω`)

よろしくおねがいいたしますm(_ _ )m

 

ちばこちばおの趣味

ゲーム  cities skylines(シティーズスカイライン<Steam>)、ギアーズオブウォー(TPS)、ダークソウル
シムシティのような都市開発ゲームのシティーズスカイラインや、ギアーズオブウォーというTPSが好きです。
YouTubeに動画をUPして、たまに実況配信するので見つけたら一緒に遊んでください(人´ω`)

将棋 小学生時代に将棋大会で4年生の時準優勝、5年生の時優勝、6年生の時も優勝で連覇しました。でも、ネット将棋をしたら実は弱くて、実力は将棋ウォーズで1級がMAXでした。田舎で天狗になってただけでした。
将棋は見るのも好きで、好きなプロ棋士は羽生善治、藤井猛、藤井聡太です。わたくしめの得意戦型は、振り飛車穴熊、右四間飛車穴熊、および藤井システムです。
弱いのですが、詳しいので将棋好きの人も仲良くしてください。

プロレス ジャンボ鶴田のファンでプロレスが好きになりました。次に小橋建太が好きになり、日本武道館で生の「バーニングハンマー」を何度か見ました。三沢の「タイガードライバー91」も生で見ました。わたくしめの得意技はドラゴンスクリューからのシャイニングウィザードです。

野球観戦 昔は、落合博満が4番だった時の「中日ドラゴンズ」のファンでした。次に、盛田→大魔神佐々木の完封リレーが見られる「横浜ベイスターズ」が好きになりました。セットアッパーとストッパーがしっかりしているチームが好きです。
今現在は、「日本ハムファイターズ」が好きになりました。嫌いなチームはなく、いろんな選手のファンです。
最近、1番注目してるのは、清宮幸太郎選手です。打者は、軽く振ってるように見えるのに、弾丸のような打球を飛ばす選手が好きです。
投手も、軽く投げてるようにしか見えないのに弾丸のようなボールを投げる選手が好きです。

バッティング練習 私は帰宅部でしたが、毎日素振り30回をずっと続けています。中学生ころからプロ野球の魅力がやっとわかって自分で練習するようになりました。今は、大塚バッティングセンターの常連です。中村紀洋選手のフォームと落合博満の神主打法を合体させた恐ろしいバッティングだと言われています。ドアスイングとも言われますが、壁ができているので野球人には、このバッティングの凄さがわかってもらえると思います。

ピッチング練習 シャドーピッチングを毎日しています。江川卓とダルビッシュ有と涌井秀章を参考にした投球フォームから剛速球を投げることができます。ドラフト1位、全球団大歓迎です!待ってます!!

映画 SF映画と連続ドラマ系(24や、映画ヒーローズみたいなの)が好きです。最近は、Netflix、アマゾンプライムビデオ、Huluで沢山映画を見ています。

読書 実学系の本が好きで良く読みます。最近は、オーディオブックで寝るまえも本を聞いてます。「こんまり」の掃除本が最近のヒットでした。断捨離系ですね。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ウサ耳子
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┌──────────────────────────┐
元レースクイーンで
現在 ちばこちばお の秘書をやっている。
水着に着替え中のところを、ちばこちばお に
スカウトされた。
└──────────────────────────┘
<好物は、ニンジンジュース>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アシスタントの田中くん
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┌──────────────────────────┐
水元公園でおぼれていたところを、
ちばこちばお に助けられた。
ちばこちばお のアシスタント
└──────────────────────────┘
<好物は、リポビタンD>

※ ウサ耳子、アシスタントの田中君は、実在の人物モデルが存在する架空のキャラクターです。イラレ屋で登場するキャラクターのほぼ100%は実在のモデルが存在します。

 

Twitter→ https://twitter.com/illareya

 

YouTube→ オレ流!イラレチャンネル

 

ファンレターもお待ちしております(人´ω`)

ちばこちばお

 

 

投稿日:2016年12月7日 更新日:

Copyright© イラレ屋 , 2019 All Rights Reserved.