パソコン便利情報

プロ野球ネット中継比較ランキング!

2019年4月24日

プロ野球ネット中継の比較ランキング

ちばこちばお

ネット中継サービスには、ダゾーン(DAZN)、楽天TV、パ・リーグTV、パ・リーグLIVE、スカパーなどがあり、それぞれ一長一短があります。

これを知れば、「どこのチームの、どの選手が見たいか?」でベストなサービスが選べます!

 

DAZN(ダゾーン)

月額 1750円(携帯電話のドコモ利用者は月額980円)

日本のプロ野球のネット中継の他、メジャーリーグ中継も見放題。サッカー、テニス、バスケットボールなどのネット中継もあります。

✅ デメリット
広島と巨人とヤクルト主催試合の中継だけありません。巨人はHulu、日テレが独占での中継です。(2019年4月現在)

✅ メリット
セリーグの試合が見られて、メジャーリーグ中継が見ることができます。大谷翔平、菊池雄星、田中正明、ダルビッシュ有、前田健太などの活躍をリアルタイム、またはタイムシフト(自動で録画されているデータ放送)で楽しめます。

また海外のサッカーリーグの試合、Jリーグなども楽しめます。


>>無料お試しはこちら

 

DAZN(ダゾーン)お試し登録方法【スマホから】

パソコンからの登録はもっと簡単にできます。スマホ、タブレット専用アプリもあるのでとても便利です。

またFire TV StickかChromecastかApple TVを利用するとテレビ画面からもリアルタイム観戦できます。

 


>>ダゾーン無料体験の詳細はこちら

 

 

スカパー

スカパーの「プロ野球セット」は全球団の全試合が見られます。

料金 3,685(税抜)+390円(基本料金)

✅ デメリット

プロ野球セットは全部の球団の試合が見られますが、ダゾーンと比較すると料金が割高になります。

また他のチャンネルのスポーツ中継などを見たい場合は、別々に課金しなければ見られません。

 

✅ メリット

プロ野球の全球団の試合が見られます。巨人、広島、ヤクルト主催試合も含めて楽しむことができます。

昔のようにアンテナを設置しなくても、光回線の高速インターネット通信ができる環境があれば、プロ野球中継を含むスポーツ中継が高画質で視聴できます。

「これくらいなら課金してもOKだよ!」という方で、全部のチームの試合を見たい方におすすめです。

 

充実のハイビジョンチャンネル!スカパー!簡単申込

 

パ・リーグ LIVE

パ・リーグのプロ野球ネット中継が見られます。

ヤフーのプレミアム会員、ワイモバイル利用者は無料で閲覧できます。

✅ デメリット

セリーグの試合はネット中継がありません。またメジャーリーガーの活躍も見られません。
テレビやパソコンから視聴できません。スマホ、タブレット端末用サービスです。
つまり、テレビやパソコン・モニターなどの大画面で試合を楽しめません。
タブレット端末で見るとそこそこ大きく見られますが大画面でみたい人には不満点となります。
またパ・リーグ LIVEはスマホ、タブレットの専用アプリはありません。
スマホで使えるブラウザから試合を観戦します。
パ・リーグTVなのでパ・リーグ全試合見られると思ってたのですが交流戦のセリーグ主催試合が観られないのが正直1番痛かったです。

✅ メリット
ヤフープレミアム会員、ワイモバイル利用者は無料で見ることができます。パ・リーグのチームのファンの方でセリーグ、メジャーリーグに特に興味がない場合は低価格で楽しめます。

ヤフープレミアムのおまけで、スマホ、タブレットからパ・リーグの野球中継が見られる感じです。スマホなどの小さい画面でOKでパ・リーグのチームが好き!「交流戦でセリーグ主催試合が観られなくても別にいいよ」という方はこれで我慢する・・・という感じでしょうか。
あくまで、ヤフープレミアム会員のおまけ得点程度に考えてください。サービス内容として野球中継観戦の部分は正直おまけレベルですね。

✅ パ・リーグの野球チーム、選手が好き

✅ ヤフーオークション、ヤフーショッピングなどを利用する

✅ ヤフープレミアム会員になりたい(すでにプレミアム会員であるなら無料)

✅ ワイモバイル、ソフトバンク携帯契約者は無料です

>>パリーグLIVEはこちら

 

楽天TV

パ・リーグのプロ野球ネット中継が楽しめる楽天のサービスです。

とにかく価格が安く、月額690円(年額5,500円)です。画質も良くラグも少ないと好評です。

✅ デメリット

セリーグ、メジャーリーグの試合が見られません。セリーグ主催試合のパリーグとの交流戦が観られません。これが1番痛いですね。

✅ メリット

パ・リーグ主催試合が低価格で見られます。画質が良く遅延もパ・リーグTVより感じませんでした。

楽天ポイントがたまる点はかなり大きな魅力ですね!


>> 楽天TVの詳細

 


パ・リーグTV

月額1450円でパ・リーグのプロ野球ネット中継が楽しめます。

各球団のファンクラブに加入している方は、

950円と割引価格が適用されます。

✅ デメリット
パ・リーグだけしか見られません。
パ・リーグだけ見たいだけなら、楽天TV、パ・リーグTVのほうが割安です。

✅ メリット
パ・リーグの試合が2軍戦も含めて楽しめます。
※ 一部対象外あり

>> パ・リーグTV詳細

 

Hulu

hulu

映画、ドラマなどが楽しめるHuluは日本テレビ系列の会社になりました。

そのため、巨人主催の試合を生中継で楽しめます。

料金は月額 1,007円 です。

✅ デメリット
野球中継は基本的に「巨人」の主催試合のみ

✅ メリット
野球以外の、映画、ドラマなどが月額料金固定で見放題!

映画やドラマが好きで巨人ファンの方におすすめです。

hulu
>> Huluの詳細

 

まとめ

セリーグ、パ・リーグ、メジャーリーグの日本人選手が見たい場合は、ダゾーン。

パ・リーグだけでOKの場合は、楽天TV(ただし交流戦でセ・リーグのホームゲームは中継がないのでご注意)。

広島、ヤクルトのファンで両チームが主催する試合も見たい場合は、スカパーがおすすめです。

 

現時点は「ダゾーン」が1番見られる試合が多く、大画面でも見られるので1番快適に感じました。

特にメジャーリーグの試合で、日本人メジャーリーガー(大谷翔平、田中将大、ダルビッシュ有、前田健太、菊池雄星)の活躍が見られるのも「ダゾーン」の大きな魅力ですね。


>>ダゾーン無料体験の詳細はこちら

-パソコン便利情報

Copyright© イラレ屋 , 2019 All Rights Reserved.