初心者用Illustratoの使い方講座

Illustratorで押し出し・ベベルをする方法\(^。^)

投稿日:2009年9月20日 更新日:

●○●イラレ道場-ちょこっとレッスン●○●

みなさま、おはこんばんちは\(^。^)

ちばこちばお でございます(^◇^)

今回も、イラレ道場に頂いたご質問を元に、レッスンいたしましょう\(^o^)/

◇◇◇ Illustratorで押し出し・ベベルをする方法 ◇◇◇

 

ちぱこちぱおさん。こんにちは

オレ流 イラレ道場は、時々拝見させていただいております。

フォトショップでの、ベベルとエンボスのような効果をイラレで

だすのは難しいのでしょうか。

文字などの加工に使いたいと思っているのですが…

よろしくお願いいたします。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

ふむふむ、なるほど(^^ ) 了解いたしました(^v^)/

それでは、ちょこっとレッスンしてみましょう(^_-)☆

 

 

【 効果の3D機能を使ってみます \(^。^) 】

 

ベベルとエンボスとかは、フォトショップで良く使いますね(^^ )

この機能は、フォトショップは自由自在に色々出来ますね。

 

一応、Illustratorでもカンタンにやれる方法として

3D効果機能があるので、それでよければちょっとやってみましょう(^^ )

(IllustratorのバージョンCS以降から追加された機能だったかと思いますたしか(^^ ) )

●○● オレ流 イラレ道場 ●○●-Illustrator ③これが、3D/押し出しベベルをしたデータです(^^ ) 光沢も入ってますよ(^v^)/ なかなか、綺麗でしょ? ●○● オレ流 イラレ道場 ●○●-Illustrator 手順①テキストを入力して、アウトライン化いたします(^^ ) 手順②でテキストをアウトライン化しましたよ(^v^)/ 手順③それを選択した状態で、「効果/3D/押し出し・ベベル」を選びます(^_^ ) ●○● オレ流 イラレ道場 ●○●-Illustrator プレビューにチェックを入れるとリアルタイムで3D表示されます。 色々と設定があるのですが、プレビューで結果を確認しながら、パラメーターを 色々と、いじってみると意外とカンタンだと感じると思います(^^ ) ●○● オレ流 イラレ道場 ●○●-Illustrator

ベベルの形状を選べるので、ここで選択致します。 自分の好きな形を登録することも出来ます(^^ ) とりあえず、初期登録されているものでも、充分間に合うと思います。 沢山使い込むようならば、自作のものを追加していくといいでしょう(^^ ) ●○● オレ流 イラレ道場 ●○●-Illustrator 「アピアランス」ウィンドウを見ると、選択しているオブジェクトの アピアランス情報が一覧出来ます(^^ ) 3D押し出し・ベベルをダブルクリックすると、再編集がすぐに出来ますよ(^^ ) このアピアランス機能を使って、効果や線や面の塗りなどをパターンとして スタイルに登録すると便利極まりないのですが、そこらへんは、また 後のレッスンでやってまいりましょうね(^v^)/ 3Dは斜めにしたりも、プレビューしながら立体部分をドラックしたり 角度のところに数値を入力したりするだけで、出来るのでかなり面白い機能ですね(^^ ) ヒマを見て、これをちょっといじったのも、近々アップしてみますね(^_^ )

●○● オレ流 イラレ道場 ●○●-Illustrator

今回は、文字をそのまま押し出してみようと思って、角度とかの数値を 全部0にしてありますよ(^_^ ) 真正面を向かせて、立体でベベルですね(^v^)/

Illustrator みんなもやってみてね(^_-)☆

イラレ屋 https://www.illareya.net/wp-content/uploads/ameimg/blog_import_58477a0c5de7c.gif Illustrator用素材の宝庫! イラレ屋はこちら\(^^※)

-初心者用Illustratoの使い方講座

Copyright© イラレ屋 , 2018 All Rights Reserved.