初心者用Illustratoの使い方講座

Illustratorパターンスウォッチの使い方(回転拡大縮小)

更新日:

Illustratorパターンスウォッチの使い方と操作動画

ちばこ先生、パターンスウォッチって、自由に回転とか拡大とか縮小出来るってホントっすか?

うん、そーだよ(^^)

動画で操作をYou Tubeで見られるようにしたから下の動画を良く見てみてちょ!

ああーっ、こんなことが出来るんすか!!

そう、こんなことが出来るんよ(^^)
出来そうなことは、やっぱり実際出来ちゃうところが「さすがillustrator!」って思っちゃうよね!

105%拡大にすれば、5%ずつパターンが拡大されるよ!

☑ あとは、Ctrl+D (Mac=コマンド+D)を連打すれば、OKね!

これ自体をアクションにしてしまうともっと楽だよ!

(アクションのやり方はまたレッスンで詳しくやりますね)

逆に、5%ずつ縮小させたければ、95%にしてやってまた、連打してやればいいんよ!おもしろいでしょ?

これサイコーだね!

ああーっ、使えば使うほどに
これは便利っすねーっ!

オブジェクト/変形/拡大縮小 で出せるウィンドウのところのパターンにチェックを入れるとパターンも拡大して、チェックを外すと、パターンは固定されたままになるんよ!

だから、パターンを動かしたくないときは「パターンのチェックを外す」といいよね(^^)

パターンスウォッチの使い方ってこうやるんだね!

Illustratorはベクターイメージ形式だから、どんなに拡大縮小してもギザギザにならない!

パターンスウォッチもギザギザにならないよ♪

この機能、便利だから使いまくってね!

●○● オレ流 イラレ道場 ●○●-ちばこちばお

Illustratorのパターンスウォッチは「たった1つのチェック」を入れる入れないだけで、こんなに操作の実行結果が変わります。

上手に使えるように、少しずつ練習してね♪

>> ラスターイメージ(Photoshop)ベクターイメージ(Illustrator)と変換方法

 

-初心者用Illustratoの使い方講座
-, ,

Copyright© イラスト素材のイラレ屋 , 2017 AllRights Reserved.