初心者用Illustratoの使い方講座

Illustrator レイヤー移動の使い方!オブジェクトだけを移動させる裏技

投稿日:

Illustrator レイヤー移動の使い方!カンタンにオブジェクトだけを移動させる方法

Illustratorのレイヤーには、様々な便利機能があります。

adobeの他のソフトでもそのまま応用して使える機能も沢山あります。

レイヤーはその典型的なツールです( ^ ^ )/

☑ 今回は、Illustratorのレイヤーの使い方としてオブジェクトの移動の裏技をご紹介します

これを知ったら、カットアンドペーストなどの操作でレイヤーの移動を行わなくてもOKです。

感覚的にオブジェクトを自由自在に瞬時に好きなレイヤーに移動させることができます( ^ ^ )/

Illustratorのレイヤーの中にあるオブジェクトを自由に移動させる方法

アシスタントの田中くん

ちばこ先生、本日はどんなウルテク教えてくれるんすか?

ちばこちばお

Illustratorのレイヤー間をカンタンにオブジェクト移動させる方法を教えるね!

わかりやすくYou Tube動画にしたので、再生して実際にIllustratorでレイヤーの中をオブジェクトが移動している様子を見てください♪

Illustratorのレイヤーの使い方「オブジェクト」だけを移動させています

ウサ耳子

あーっ! これ、スンゴーイ!!!

ちばこちばお

illustratorでレイヤーのオブジェクト移動を実演しているムービーだよ( ^ ^ )/

オブジェクトを選択すると、レイヤーウィンドウの右の方に「四角形」が現れるでしょ?

これを、つまんでドラックアンドドロップで別のレイヤーに動かしてあげると「オブジェクト」がカンタンにレイヤー間を移動するんだよ!

アシスタントの田中くん

あっー!

これも凄く便利っすよーっ

ちばこちばお

あとは、オーソドックスなIllustratorのレイヤーの使い方として「オブジェクト」をカットアンドペーストで移動させる方法もあるよね。

オブジェクトを選択してからCtrl+X (Macはコマンド+X)をキーボードから入力します。

すると、オブジェクトがクリップボードに切り取られて、その場から消えます。
これは、 「ペーストしたいレイヤーを選択」してからCtrl+V (Macはコマンド+V)をキーボードから押すと レイヤーに再びオブジェクトを出すことが出来ます!

Ctrl+F (Macはコマンド+F)をキーボードから押すと

コピー(カット、切り取り)したもとの座標(位置)へオブジェクトをペーストすることができますよ(^^)

Ctrl+F (Macはコマンド+F)は、オブジェクトを最背面に配置する機能も ありますので、もしオブジェクトをレイヤーの中の階層で「上にもってきたい場合」は 【キーボードでの重なり順の変更方法】 Ctrl+Shift (Mac コマンド+shift)を押しながら ] (日本語文字の「む」があるキー)を押すと 選択しているオブジェクトがレイヤーの中で上に、[ を押すと、選択しているオブジェクトが レイヤーの中で下に移動します\(^。^)

※ Ctrl+Bだと最背面(そのレイヤーの一番下)。Fだと最前面(一番上)にペースト出来ます\(^。^)

サブレイヤーでこの操作をするとゴチャゴチャになってしまうので、シンプルにレイヤーを管理するように心がけてくださいね♪

ウサ耳子

わーい♪ イラレが便利になったよ!

ちばこちばお

これは、知らないとそのまま知らないままだったりすると思います。

知らなかった人は是非やってみて実戦活用してみてください!

ウサ耳子

みんなもやってみてね!

Illustratorのレイヤーの使い方「関連記事」

イラストレーターの選択したパスの色を見やすくする方法

>> illustratorのレイヤー色を見やすく変更する方法

イラレのレイヤーオプションから下絵画像を半透明にする方法

>> Illustratorの下絵をなぞる「トレース練習用」素材の配置方法

>> Illustratorレイヤー使い方リスト

-初心者用Illustratoの使い方講座
-, , ,

Copyright© イラスト素材のイラレ屋 , 2017 AllRights Reserved.