Illustrator使い方「イラレ道場」本編講座

illustratorでジグザグを均等に作成する方法&リフレクトツールの使い方【動画】

更新日:

Illustratorでジグザグした均等間隔の線を作成する

☑下の下絵の左側、上から二番目のものをトレースにて作成します。

この画像を下絵にしてイラレ(illustrator)のレイヤーに配置し下絵として利用しましょう。

>> 下絵画像の、取り込みと、下絵化の詳細はこちら!

 

illustratorでジグザグを均等に作成している【動画】

はい、ジグザクの線を引く練習です(^^)
「ペンツール」をツールパレットから選択して、下絵にそって
動画のようにジグザクの線を引いてみましょう\(^◇^)
※ペンツール=ペン先の形をしたアイコンのツール
動画で、選んで使っているのが、それだよ!

これは、どうやって…。
よーし、まずは、じっくりと動画をみてみるっす!
あっ!?線が反対方向に反転コピーされたっす!!
ふふふっ(^^)リフレクトツールのことやね!

反対側にオブジェクトを移動、コピーさせるリフレクトツールの使い方

※illustrator CSも、illustrator10と同じところに隠れています。隠れたアイコンを表示
させるには、アイコンの上でクリックを続けるか、ダブルクリックです!

リクレクトツールを選んで、反転させたいオブジェクトを選択して
中心点をクリックして決めます。
そしてオプションボタン<windows=ALTボタン>を押しながら
ドラックすると、中心点の反対側に、オブジェクトを反転コピー出来ます\(^◇^)
オプションボタン<windows=ALTボタン>は、コピーのショートカットキーです。
これを、押したままやれば、反転コピーが出来るわけです\(^◇^)/
これを、押さない場合は、ただ単にオブジェクトが反転いたします。


※オレの顔の、間にある丸いのが中心点だよ\(^◇^)

ふぅーん(^^)便利なツールをまたひとつ、おぼえちゃったわね!

 

反転して出来た、線をコピーして移動している場面があるんだけど、そこでも
オプションボタン<windows=ALTボタン>を押しながらドラックアンドドロップ
しているんだよ。ついでに、コピーした後、同じ距離移動してコピーしたいとか
同じのを繰り返したい時は、「コマンド+D」<WINDOWSは、Ctrl+D>を押してみて!
連続して同じようにコピーが繰り返されて楽チンになるよ\(^◇^)
動画では、出来るだけわかりやすいように、ショートカットを
出来るだけ使わないで操作しているから、画面をよくみて参照してね!
<もちろん、ショートカットを憶えたら、どんどん自分で使ってみてね>

は~い!
ちばこ先生!動画の中で線の位置が合わないから、クニョって横に
ジグザクの線が延びて下絵にピッタリフィツトしてるけど、これは
どうやってやったらいいの?耳子わかんなぁ~い!
これは、レッスン2でやった『拡大縮小ツール』っすよね!
選んだオブジェクトを、縦横斜めに自由に変形させるあれっしょ!!

 

オオ!さすが、アシスタントの田中くん!!大正解\(^◇^)/えらい!えらいよ!!
さすが、おれのアシスタントだよ(^^※)ホクホク
これは、拡大縮小ツールでやってるんよね(^^) 高等テクニックだよ!
わからない人は、レッスン2の『拡大縮小ツール』の使い方をみてちょ。

あーっ!そうだった!!
せっかくお勉強したのにもう、
わすれちゃってたみたい。
ごめんなさぁ~い(^^※)

ジグザクを作るのにも、色々方法があって面白いでしょ(^^)
動画の後半で効果を使ってジクザクを作ってるけどこれも楽でいいですね(^_-)☆
どっちのやり方も練習してみてね!

 

>> イラレ道場 第3回初心者用講座に戻る

-Illustrator使い方「イラレ道場」本編講座
-, ,

Copyright© イラスト素材のイラレ屋 , 2017 AllRights Reserved.