初心者用Illustratoの使い方講座

Illustratorでテキスト連結する方法\(^。^)

投稿日:

●○●イラレ道場-ちょこっとレッスン●○●

みなさま、おはこんばんちは\(^。^)

ちばこちばおでございます(^◇^)
それでは、今日もちょこっとレッスンたのしくまいりましょう(^◇^)

◇◇◇ Illustratorでテキスト連結する方法\(^。^) ◇◇◇

前回のレッスンでオーバーフローをお勉強いたしました(^^ )

んで、下の画像で、上のものが、エリアテキストでございます\(^◇^)/ Illustrator
下の、横に伸びている枠線がない、テキストが

ポイントテキストでございます\(^◇^)/

上のエリアテキストのテキストボックスの右側をごらんください(^^ )

Illustrator オーバーフロー こんなマークが出ています。
テキストエリアに収まりきらない文字が、テキストボックスの中にありますよ!

っていう、シグナルで、これをオーバーフローっていいますよ\(^。^)

※ついでに、クォークエクスプレスのデータをインデザインにコンバートすると、同じフォントで

あったとしても、オーバーフローが発生することがございます。段落スタイルとかの影響かと思ってますが

まだ良くわかりません(^^;) 研究成果が出たら別途ご報告いたしますね(^_-)


このマークをクリックすると、収まりきらないテキストを、別のテキストボックスに

送り出すことが出来ますよ\(^。^)

受け皿になる、テキストボックスを先に用意してから、マークをクリックして

その、連結先になるテキストボックスをクリックしてもOKですし、ただ

マークをクリックして、ステージを、ワンクリックしても、OKです\(^。^)

Illustrator テキスト連結

テキストボックスとテキストボックスが連結しているのが視覚的に

わかりますよね(^_-)

こーやって、離れた場所のテキストボックスに文字を続けて流し込むことが

出来ますので、長い文章とかを処理するときは、便利でございますが

基本的に、こういう文字組みは、インデザインでやるのがお奨めでございます。

ペラ(1枚もの)でも、インデザインでやるほうが、文字組みが高度に可能でございます(^_-)

Illustratorは、基本的にオブジェクトを作成する為に開発されたソフトなので、文字組みにおいては

いろいろと、細かいところは、インデザインと比べてしまうと、ぶっちゃけ不便でございます(^^;)

ただ、小技として覚えておいて貰えばよろしいでしょう(^^ )

タイトル未設定

みんなもやってみてね(^。^)

イラレ屋
http://www.illareya.net/wp-content/uploads/ameimg/blog_import_584779735c5b4.gif
Illustrator用素材の宝庫! イラレ屋はこちら\(^^※)



-初心者用Illustratoの使い方講座

Copyright© イラスト素材のイラレ屋 , 2017 AllRights Reserved.