初心者用Illustratoの使い方講座

illustratorでパス連結できない!残り一箇所を連結する方法

投稿日:

illustratorでパス連結できない理由

Illustratorで利用する機能として「パス連結」があります。この機能でよく出てくるのが「連結できません」系のアラートです。

初心者のころは本当にイヤというほど出てきました。「またか!」と本当にうんざりするほどエラーアラートが出てきました。

☑「なにが原因なのか?」がわからなくて、困った記憶があります。

しかし、パスが連結できない原因は大体決まっているので、プロになってからは「数秒」で原因をクリアできます。

基本的に正しいパスを作れるようになると、原因そのものを回避した作成ができるようになります。

もしアンカーポイントがよくわからない場合は以下の記事をご参考ください( ^ ^ )/

>> Illustratorパス連結の使い方とアンカーポイントの基本

Illustratorでパスが結合できない原因

アンカーポイントがグループになり重なっている

→グループ解除→パスを連結させたいアンカーポイントだけを選択してパスを結合する

※ ダイレクト選択ツールで2つだけ、アンカーポイント(点)を選択します→「パス結合

複合パスになっている

→ 複合パスを解除する

目に見えないポイントを選んでいる

→ 余計なポイントを削除する(連結するときに選択しない)

上記が、うまく結合できない時の理由の大半です。さらに

ガイドが選択できる状態になっている

→ガイドをロックする

効果、クリッピングマスク、複合パスなど複雑なデータになっている

→ データに複雑なアピアランス情報等を持たせる前に「オブジェクト」を作成する

※ 効果を与える前段階でオブジェクトを別にして保存しておくとロールバックが楽です

▼まずは、簡単なオブジェクト。アンカーポイントのパスを連結する練習をしましょう

※ Illustratorのショートカットでパスを連結する練習をすると操作が楽になります

以下は、Illustratorのパス結合の残り一箇所をクローズパスに仕上げる処理で使える方法です。

IllustratorのバージョンCS5以上からは、ダイレクト選択ツールでなくても「Illustrator側が結合するパスを自動判別して結合」してくれます。

☑ しかし、この場合意図しない箇所が結合する時があります。

結合させたい箇所はそこじゃない!」ってケースですね。

意図した箇所を結合したい場合は、従来の操作。

つまりダイレクト選択ツールで結合したいパスのアンカーポイントを2つだけ選択し結合させます( ^ ^ )/

このダイレクト選択ツールで結合させたいアンカーポイントだけを選択した状態で「パス結合」をショートカットで入れることが最重要です。

☑ これができれば、全ての結合エラーが回避できます。

結合エラーが回避できない場合は、純粋に結合させたい2つの点が選べてない状態であるということになります。

古いバージョンのIllustratorでは、ダイレクト選択ツールでピュアなアンカーポイントの点を2つだけ選択した状態でのみ結合することができました。そのため厳密な操作が必要でした。

新しい現在のIllustratorの場合(CS5以上)、大雑把に選択して結合させると適当に結合できてしまうので、ただしい使い方を逆に覚えられない原因になってしまうことがあります。基本は、ダイレクト選択ツールで選んで2つのピュアな点を結合です。

※ ピュアな点(アンカーポイント)とは、余計な効果などの情報を持たないアンカーポイントを言っています

実際はそんなに厳密にせずとも、エラーとならずに結合できます。要は慣れです。

ガチャガチャとグループを解除したり余計なアンカーポイントを選ばないテクニックは自然と身につきます!

あとは数をこなしていきましょう( ^ ^ )/

 

Illustratorのショートカットでパスを結合させる方法

☑ 「Ctrl(⌘)」 +「J

Macの場合は 「⌘(コマンド)」+「J」でIllustratorのダイレクト選択ツールで選んでいる2つのアンカーポイント(点)を結合します。

パスが結合されるとパスが形成されます。パスはアンカーポイントとアンカーポイントを結ぶラインに現れる線です。

全てのパスが閉じた形で結合したとき、Illustratorのオブジェクトはクローズパスと呼ばれる状態になります( ^ ^ )/

>> 

 

illustratorでパス連結「残り一箇所」を連結する方法

アシスタントの田中くん

ちばこ先生、こんどはどんなウルテク教えてくれるんすか?

ちばこちばお

今回は、パスの連結で、残りの一カ所はダイレクト選択ツール(A)で 2つのポイントをわざわざ選択してから、Ctrl+J (Mac=コマンド+J)しなくても、いけちゃうっていう 情報なんやけどね。しってると、意外と便利なんよ(^^)

ウサ耳子

なにそれなにそれー?

耳子にもおしえて♪

アシスタントの田中くん

ああーっ、パスの連結って普通はダイレクト選択ツール(A)でやりますもんね!

ちばこちばお

そう!ただ、のこり一カ所だけ連結したらいいよって状態まで
処理がすすんだ後は、選択ツール(V)で全体を選択している状態でもつなく場所が残り1カ所なのでわざわざ、ポイントを部分的に2つ選択してあげなくても残りのパスが連結されるんよ(^^)

 

ウサ耳子

耳子、感動!!

アシスタントの田中くん

これは便利っすねー。パスが複雑に重なっている時とかこれだと一発っす!あざっす!!

 

ちばこちばお

そうそう、最後の一カ所のところの、ポイントがパスとかで重なっていて選択しにくい場面が結構仕事してると出てくるんよ!

そんな時にこれは重宝するぜ!

 

ウサ耳子

うふっ 耳子うれしい! パス連結の簡単なやり方はこっちも見てね >> ちょこっとレッスンパスの連結方法

 

-初心者用Illustratoの使い方講座
-, , , ,

Copyright© イラスト素材のイラレ屋 , 2017 AllRights Reserved.