ワードプレス(WordPress)の使い方

ホームページをワードプレス化して失敗する3つの罠とは!?

投稿日:

ホームページのワードプレス化で失敗した!!!

こんにちは!イラレ屋のちばこちばおです♪

☑ イラレ屋のホームページをワードプレス化するときに注意することが3点あります

1. 元あったページから301リダイレクトしなければアクセスが激減する

2. 無料ブログ(アメブロ、ライブドア、Seesaa、FC2等)から移動させると大変すぎる

3. サーバー変更でアクセスが一時的に激減する

 

現在、絶賛失敗中というかあまりにホームページ時代のページが多すぎて「リダイレクト処理」がまともにできてない状態です。

この記事を作成している場合じゃないのですが、サイトをワードプレス化しようとしている人の役に立つかも知れないので記事にしておきます(‘v‘)r

 

ホームページ時代のページから価値を引き継ぐ(301リダイレクト)

ホームページ時代のページから価値を引き継ぐ(301リダイレクト)をしないとアクセスが激減します

☑ ワードプレスもホームページも人が集まる原理は同じです。

基本的に検索エンジンからアクセスが集まります。

検索エンジンの検索結果で上位表示されると「沢山の人」が見に来てくれます。上位表示されるページは、沢山の人に評価されて徐々に上位表示されるようになります。

ページに訪れた人が長い時間滞在し、ずっと読み続けるほど検索エンジンのページに対する評価がUPします。

Twitterや、Google+。はてなブックマークなどのSNSでURLが共有されることでも、ページの評価がUPします。

 

これが集積すると、サイトそのものの価値がアップします。

 

ドメインパワーがUPしていくというのは、この積み重ねです。評価されているページが多いサイトほどドメインパワーがUPします。

独自ドメインが有利な理由はこれです。

無料ブログはアクセスが集まりやすいし、お金もかからないので楽で簡単で得した気分になります。

 

しかし、独自ドメインでサイトを作っていけば、ドメインパワーがUPしていきます。無料ブログの記事が上位表示されていても、後からドメインパワーの強い独自ドメインサイトが簡単に追い抜いてしまいます。

無料ブログはいきなり削除されたり、運営の方針で使いずらくなったり、広告だらけになったりと頻繁にルールが変更されます。

商用利用を禁止しているブログも多いので、仕事で情報を発信して集客などを目的とするサイトの場合は特に「独自ドメインにして自分で運営方針を全部決定」できるようにすることをおすすめします。

その方法は、簡単です。サーバーをレンタルして独自ドメインを購入して設定するだけです。サーバーなんか年額1万円未満です。

さらにドメインなんか、1500円で.comドメイン、.netドメインが取得できます。1年この値段で使えるのでタダみたいなものです。

無料ブログは無料ですが、価値を積み重ねるほどに「無料ほど高いものはない」という結末になります。早い段階で独自ドメインで、ブログを運営する場合も行うほうが圧倒的に有利になります。

 

 

ホームページ時代のページのURL価値、評価を引き継がなければアクセスが激減する理由

ホームページ時代に、沢山積み重ねて評価がUPしたページの価値を引き繋がなければ、これまでの評価の価値が失われます。

URLがそのまま変更なければ問題ないのですが、元のホームページ時代のURLが

illareya.net/lesson01/01.html だとします。

それをワードプレスにしたら、URLが

illareya.net/lesson01.htmlになったとします。

 

これを、そのまま放置すると「元のURL」をブックマークしてた人。検索エンジンにクロールされて「登録されたURL」。

SNS等で「広まったURL」とは「違うページが新しくできただけ」という扱いになります。

 

検索エンジンから見ても、元のURLは削除されただけです。

単に「新しいページが出来ただけの扱い」になりますので

全部の評価がリセットされてしまします。

 

URLが変わってしまった(独自ドメインをそのまま引き継いでも、下層ディレクトリのURL名が変わっちゃった)場合は

301リダイレクトが必須になります。

「301リダイレクト」ってなに? と思った人に簡単に説明しますね。

 

301リダイレクトとは?ワードプレスで簡単にやる方法!

☑ 301リダイレクトとは、元のURLにアクセスしてくれた人を新しいURLに自動で転送する方法です。

これを設定すると、引っ越ししたURLに以前のURLの価値を引き継ぐことができます。

Mod_Rewriteを使って、リダイレクト設定する方法が一般的です。「なんだそれ?」と思った方が大半だと思います。検索すると沢山親切に教えてくれているサイトが出てきますが、慣れるまで思うようにリダイレクトできない人も沢山いると思います。

なにより初心者にはちょっと難しいと思うので、ワードプレスの便利なプラグインをご紹介しますね。

☑ WordPressにログインしてプラグインから新規追加を選びます。

 

☑ 『プラグインを追加』画面の「プラグインの検索」をする

必要なプラグインを検索します。

☑ Redirection

↑↑↑ 上(Redirection)をコピペで検索すると、Redirectionというリダイレクトが簡単にできるプラグインが出てきます。

インストールして「有効化」ボタンを押して有効にします。

☑ WordPressに追加されたプラグイン

 

Redirectionの使い方(301リダイレクトがWordPressで簡単にできる!)

Redirectionを選んで「設定」でこの画面に移動します。

この画面では、『転送ルール』をクリックすると、元のURLを入れる「ソース元URL」。

新しい引越し先のURLを入れる「ターゲットURL」の空欄が出てきます。そこにURLをコピペで入れます。

あとは、青いボタンを押せば301リダイレクト設定が完了します。ものすごく簡単で便利です。

ワードプレス化した時に重宝します。初心者でもすぐに使えるので助かりますね!

 

※ リダイレクトが上手くいかない場合は元のページが残っている場合がありますので、元のページはサーバー上から削除します。

※ F5キーでサイトは更新されますが、うまくリダイレクトできない場合は、CTRLキーを押しながらF5ボタンを押すと上手くいく場合があります。

 

 

 無料ブログ(アメブロ、ライブドア、Seesaa、FC2等)から移動させると大変すぎる

ページ数が多ければ多いほど、大変です。エクスポート機能とインポート機能を使って移動させるのですが、アメブロの場合はエクスポート機能がないのでより大変です。

ページ数が多い場合は無料ブログはそのまま残して、トップページに「こちらに引っ越しました」とリンクを配置してお知らせするだけにしたほうが良いかも知れません。

アメブロから移動させようとしたら作業が膨大になりすぎて、びっくりするほど大変でした。

 

サーバー変更でアクセスが一時的に激減する

サーバーを変更すると、ドメインをそのまま移動しても一時的にアクセスが減ると言われています。IPアドレスが変わるためと言われていますが、その他にも上位のリダイレクト処理をちゃんと行わないとアクセスが減っちゃいます。

ただ、ホームページをワードプレス化したり、無料ブログからワードプレスに切り替えるとサイト作成が楽しくなります。

ページ更新がサクサクと進み自分のオリジナルサイトがどんどん成長していきます( ^ ^ )/

少し時間が経過すると、サーバー変更で減ったアクセスは回復するという話です。過去にやった作業では、たしかにそうだったなというアクセスの推移になっています。

 

グーグルアナリティクス(アクセス解析画面)2016年9月と2017年2月

 

リダイレクトできてないホームページのアクセスが消えてしまった( ^_*)\

一番、重要なのは「301リダイレクト」で元のホームページのURLの価値を引き継ぐ作業となります。

 

ローカル環境で、リダイレクトの入力作業を全て終えてからサーバー上の引っ越しを一気にやるべきでしたね。

ここまで元のページが多いと思いませんでした( ^_*)\

 

-ワードプレス(WordPress)の使い方
-

Copyright© イラスト素材のイラレ屋 , 2017 AllRights Reserved.